トヨタC-HRの次期型をフライング発表か!?bZ Compact SUV

最近トヨタがいきなりEV(電気自動車)戦略を発表して驚かされました。

何と言ってもEVを16車種も発表してしまったんですからビックリでした。

コンセプトカーもあると思いますが市販型に近いモデルも多数あったと思いますのでかなり発売は近いモデルばかりなんじゃないのかっていう。

その中で気になったのはトヨタbZ Compact SUVです。

いまのところ仮の名前は「トヨタbZ Compact SUV」というんだそうですがどっからどう見てもC-HRにしか見えませんよね?

スポンサーリンク

トヨタC-HRの次期型をフライング発表か??

トヨタC-HRは次期型は無いという噂もあります。

やっぱりデザイン性が奇抜すぎて最初だけしか売れなかった…ということなんですね。今はカローラクロスが絶好調なのでこの状況では確実にトヨタC-HRの次期型はないと言えるでしょう。

しかしここに至ってトヨタC-HRの次期型の具体的な形が見えましたね。

どうやらEVシフトする予感です。

これはどう見てもC-HRですから具体的に発売する方向で間違いないんじゃないかと。

特にフロントの切れ込みのようなデザインのLEDフロントライトは次期型のプリウスの予想CGと瓜二つです。

この切れ込みですよね。

トヨタbZ Compact SUVというコンセプトカーを見る限りではこの尖ったフロントライトのデザインは意外とカッコ良かった!というのが実態だと思います。

おそらく新型プリウスもこのデザインで来るんだろうなぁ~という感触でこの切れ込みのデザイン、結構イイですよねって思いました👍

トヨタの危機感が凄い

このフライング気味に見えるトヨタbZ Compact SUV(多分C-HR)発表はトヨタの危機感が現れているなと思いました。

最近世界的にEVシフトが鮮明になっていてトヨタもこのままでは取り残されると察知して結構前からEVシフトしても大丈夫な体制を取っていたんだなと。

直近まではEV批判とも取れる発言が社長からあったもののやっぱりトヨタはスゲーなって。何だかんだ言っても裏ではEVを16車種も準備(コンセプトカーもあると思うが)していたんだなと。

トヨタC-HRの次期型は買いなのか?

さてトヨタC-HRの次期型がEVとして発売されたら買うべきか?ということですがこれはちょっと微妙ですかね。

デザインは良いんだけどやっぱり今雪が降っていて分かるように電池切れですぐ動かなくなったら大変ですよね。

EVは暖房を付けるとどんどんと電力が消費されますが、雪が降ったら暖房を切る訳には行かないんですよね。フロントガラスなど凍ってしまうので暖房を付けて雪を溶かしながら冬は走行せざるを得ないんです。

そうしないと視界がとても悪くなって超危険運転になりますから冬に雪が降ってしまったら暖房を付けないという選択肢は取れません。

そういうことで今都内でも雪が降ってパニックになっていますし電池切れたら車捨てて帰れば良いじゃんっていう訳にもいきませんからねぇ…(立ち往生だよ)。

【注意】愛車を下取りに出すと大損!

sg47

あなたは、もしかして販売店に車を売っていませんか?

『下取りしますよ~』と言われてそのまま素直に渡していませんか。
もしそうだとすると大損しています…。

実は販売店の下取りよりも、ネットの車買取査定の方が高く買い取ってもらえることが多いです。

仮にその差が小さくても○万円単位で違う訳ですから大損です。新車を買うならまずはあなたの愛車の値段を調べましょう!

こちらではネットの車買取ランキングを紹介しています。
今、安心して使えるなというサービスです。
お気軽にご利用下さい(*^_^*)

第1位 ナビクル

車買取査定ならナビクルが良かったです。それはすぐに査定額が分かるからです。
こちらの特長は査定を申し込むと完了画面で売却額の概算が出ます。
すぐに下取り額と比較できて良いです。
omo
第2位 カーセンサーnet
car
こちらはカーセンサー。
あのリクルートが運営している車査定サービスです。
参加している車買取業者が多いことがこちらの強み。地方ではカーセンサーが強いです。
go3
第3位 ズバット車買取比較
zbat
第3位はズバット車買取比較。
高額査定が多いという評判が多いのがメリット!
あなたの愛車を高く売りたいなら多く査定するのが近道ですから使って損はありません。
こちらも査定額の概算が出ます!
go2
お勧め記事(一部広告含む)



C-HR
SUVまとめをフォローする
SUV車まとめ

コメント