三菱アウトランダーPHEVが一部改良 何が変わる?※三菱式PHEVのおさらい

三菱アウトランダーPHEVが2017年2月に一部改良となります。

現行車は2015年にビッグマイナーチェンジされて現行のダイナミックシールドというスタイルになって見た目が良くなったのですが、今回の改良は装備を最新式にして更に充実させる目的がある改良となっています。

何が変わるのか!?についてお伝えしていきます。

スポンサーリンク

2017年2月の一部改良何が変わる?

2017年2月の一部改良では、

・電動式パーキングブレーキへ(オートホールドも追加)

アウトランダーPHEVと言えば先進性が高いモデルですがこれまでは手動のレバーによるパーキングブレーキでした。これが電動式パーキングブレーキへと進化。これは指でボタンを押せばパーキングブレーキが掛かるので非常に便利です。

またオートホールドモードという機能が追加されます。こちらは信号で停止した際にその後自動でブレーキが保持されるモードになります。つまり一度ブレーキを踏んで停止した後にはブレーキを踏み続ける必要がないのです。楽と言えば楽ですね。


・衝突軽減ブレーキに歩行者認識機能を追加

こちらはすでに衝突軽減ブレーキがあるのですが更に歩行者を認識する単眼カメラを追加して歩いている人に対しても衝突軽減ブレーキが効くようになります。対車だけではなく対人もカメラで監視するという形ですね。またこのカメラによって自動ハイビームのオンオフも判断して切り替えるようになります。

 

・後側方車両検知システム

こちらはレーンチェンジをする場合に後ろから車が来ていますよというようにドアミラーで警告してくれるシステムです。隣のレーンに移る際にそのレーンで後ろから車が来ていたら事前に警告してくれますから安全が保たれますね。

 

・EVプライオリティモード

EVプライオリティモードとはプライオリティ(優先[させること]という意味)というその名の通り、EVを優先させるモードになります。アウトランダーPHEVはガソリンエンジンでの走行もできますし、発電のためにガソリンエンジンが始動していることもあります。このガソリンエンジンを完全に切る、強制的に切るというモードがEVプライオリティモードとなります。

※バッテリー残量が一定量ある場合にEVプライオリティモードが可能となります

アウトランダーPHEVってどんな方式なんだろうか?

おさらいの意味でもアウトランダーPHEVの走行方式について書いていきますね。

PHEVやPHVと言ってもいろいろな方式があってよく分からないものです。

アウトランダーPHEVとプリウスPHVでは仕組みが違いますから(名前も違うんですけどね)個別に覚えるしかないと思います。最近はシリーズハイブリッドのノートe-Powerなんていうのも出ていてちょっと中身を理解するのが大変です。しかし自分が欲しい車種のことだけを覚えれば問題ないでしょう(笑)。

アウトランダーPHEVは大きく分けて3つの走行モードがあると考えます。

・EV走行モード

・シリーズハイブリッド走行モード

・パラレル走行モード

この3つと覚えれば完璧です。もう少し下で説明していきます。

また公式サイトにも載っていますのでこちらのページから確認するのも良いです。

※公式ではポイント2の自動で選択する3つの走行モードをClick

3つの走行モードとは?

この3つの走行モードを軽く説明していきます。

EV走行モード

これはその名の通りにEVで走行するモードです。つまり電気自動車と全く同じ走行するモードになります。今回の一部改良によってEVプライオリティモードが追加になりました。このモードを選択することで完全にガソリンエンジンを任意に停止させることが可能になっています。

これまでは3つの走行モードを自動で車が判断してモード選択していたのですが電気自動車だけで走れるようになったという画期的な変更が一部改良でなされています。ですから一部改良とは言え結構大きな変化だと私は思いました。

シリーズハイブリッド走行モード

シリーズハイブリッド走行モードとは今話題のノートe-Powerと同じ走行方式となります。仕組みとしてはガソリンエンジンで発電をしてEV走行をするというもの。完全にモーター始動で走りますのでEV走行と同じように思えますが、ガソリンエンジンを始動しているために排気ガスが出るというマイナス点があります。

パラレル走行モード

これは基本的にガソリンエンジンで走行してモーター(EV)で補助をして走るモードになります。これは電気残量が減った場合や高速走行にてこのモードに切り替わることがあります。

PHEV系でもっとも先進的なのがアウトランダー

プリウスPHVという車もありますが、おそらく最も先進的なのは三菱アウトランダーPHEVです。

プリウスPHVとの違いは、まずプリウスPHVはEVモードとHVモード(ハイブリッドモード)があるだけで電気自動車モード+普通のプリウスハイブリッド自動車という感じなのですね。

それに比べて上記で説明したように三菱アウトランダーPHEVは複雑なモード切替を自動で行い、更に好みに合わせて完全電気自動車走行モードも選択できるという一段高いレベルの自動車です。

実際に乗ってみてどう感じるのかはそれぞれ各個人で違うのでしょうが、前知識としてはアウトランダーが最も先進的なEV車なんだなと覚えておけば良いのでは?というお話でした。

【注意】愛車を下取りに出すと大損!

sg47

あなたは、もしかして販売店に車を売っていませんか?

『下取りしますよ~』と言われてそのまま素直に渡していませんか。
もしそうだとすると大損しています…。

実は販売店の下取りよりも、ネットの車買取査定の方が高く買い取ってもらえることが多いです。

仮にその差が小さくても○万円単位で違う訳ですから大損です。新車を買うならまずはあなたの愛車の値段を調べましょう!

こちらではネットの車買取ランキングを紹介しています。
今、安心して使えるなというサービスです。
お気軽にご利用下さい(*^_^*)

第1位 ナビクル

車買取査定ならナビクルが良かったです。それはすぐに査定額が分かるからです。
こちらの特長は査定を申し込むと完了画面で売却額の概算が出ます。
すぐに下取り額と比較できて良いです。
omo
第2位 カーセンサーnet
car
こちらはカーセンサー。
あのリクルートが運営している車査定サービスです。
参加している車買取業者が多いことがこちらの強み。地方ではカーセンサーが強いです。
go3
第3位 ズバット車買取比較
zbat
第3位はズバット車買取比較。
高額査定が多いという評判が多いのがメリット!
あなたの愛車を高く売りたいなら多く査定するのが近道ですから使って損はありません。
こちらも査定額の概算が出ます!
go2
お勧め記事(一部広告含む)



アウトランダー
SUVまとめをフォローする
SUV車まとめ

コメント