2020年6月にホンダCR-Vがひっそりとマイナーチェンジ※誰も気付いてない?

2020年6月にホンダCR-Vがひっそりとマイナーチェンジしていました。

当サイトでも「気付いてなかった!」ということで慌てて取り上げようと思います😅

なお、CR-Vのマイナーチェンジモデル発売は2020年6月19日となっています。

スポンサーリンク

何が変わったのか?CR-Vマイナーチェンジモデル

今回のマイナーチェンジの内容は主に内外装中心の改良になっています。

■シーケンシャルターンシグナルランプ採用

■ステアリングヒーター標準装備

リバース連動ドアミラー

■ハイブリッドシステムの名称を「e:HEV(イーエイチイーブイ)」に変更

■ボディーカラー3色を入れ替え

■BLACK EDITIONというグレードを追加

以上が主な変更点になります。

ボディーカラー3色を入れ替え

変更前
ルナシルバー・メタリックルーセブラック・メタリックミッドナイトブルービーム・メタリック
変更後
シーグラスブルー・パールプレミアムクリスタルブルーメタリック、スーパープラチナグレー・メタリック

ホンダお馴染みのルーセブラック・メタリックも時代の流れなのか余り選ばれず廃止になっています。CR-Vも他車種と同様に白か黒が多いですね。

BLACK EDITIONを追加したCR-V

BLACK EDITIONという黒装飾のグレードを追加しています。

BLACK EDITIONはHPまで真っ黒にしてしまって凄い見辛いですが😆、とにかく真っ黒なのは伝わってきますね。

ホンダお得意のギラギラメッキを全てダーククロームメッキにしているところが👍でまたアルミホイールも黒になっております。中々カッコいい仕上がりです。

BLACK EDITIONはハイブリッドですと¥4,338,400~と高額ですが燃費はRAV4より良い筈なので何でCR-Vは売れないんだ!?という感じです。

ついに世界累計販売台数が1000万台の大台を超えたCR-V

CR-Vは日本ではさっぱり売れていないのですが世界では超が付く程の人気車です。

※CR-Vはアメリカでは月に約3万台の販売、日本では月に約1,000台程度…。

世界累計販売台数は何と1000万台も超えているんですね。※2019年時点

なぜ日本で売れないのかは車体が大きすぎるからだという理由が上げられていたのですがトヨタRAV4のヒット振りを見るとどうやら車体の大きさは一切関係がないことが証明されてしまったようです。

ホンダは日本でも今も人気があるメーカーですし(軽自動車がすごい売れてる)、CR-Vが売れなさすぎるのは謎の一つです。ちょっと高いとは言えナビが標準装備だったりするので特別高いという訳でもなかったりするんですよね。

CR-Vって実はRAV4よりカッコいいなって思いますね。

【注意】愛車を下取りに出すと大損!

sg47

あなたは、もしかして販売店に車を売っていませんか?

『下取りしますよ~』と言われてそのまま素直に渡していませんか。
もしそうだとすると大損しています…。

実は販売店の下取りよりも、ネットの車買取査定の方が高く買い取ってもらえることが多いです。

仮にその差が小さくても○万円単位で違う訳ですから大損です。新車を買うならまずはあなたの愛車の値段を調べましょう!

こちらではネットの車買取ランキングを紹介しています。
今、安心して使えるなというサービスです。
お気軽にご利用下さい(*^_^*)

第1位 ナビクル

車買取査定ならナビクルが良かったです。それはすぐに査定額が分かるからです。
こちらの特長は査定を申し込むと完了画面で売却額の概算が出ます。
すぐに下取り額と比較できて良いです。
omo
第2位 カーセンサーnet
car
こちらはカーセンサー。
あのリクルートが運営している車査定サービスです。
参加している車買取業者が多いことがこちらの強み。地方ではカーセンサーが強いです。
go3
第3位 ズバット車買取比較
zbat
第3位はズバット車買取比較。
高額査定が多いという評判が多いのがメリット!
あなたの愛車を高く売りたいなら多く査定するのが近道ですから使って損はありません。
こちらも査定額の概算が出ます!
go2
お勧め記事(一部広告含む)



CR-V
SUVまとめをフォローする
SUV車まとめ

コメント