2017年に日本車のSUVを買うなら何を買うべき?②※コンパクトSUV編

2017年に日本車のSUVを買うなら何を買うべき?①※ミドルサイズSUV編

の続きです。

こちらではコンパクトSUVについて2017年下半期~2018年初頭にかけて購入したい車種を紹介していきましょう。

コンパクトSUVは多彩で悩ましいですが本気で買うならどれなんだ?という感じで選んでいきたいと思います。

スポンサーリンク

コンパクトSUV編

第1位 スバルXV

本当に今、買うならスバルのXVです。

【価格】213万~267万円
【燃費】16.0~16.4km/L
全長×全幅×全高】4,465×1,800×1,550mm

その理由とはやはり安全装備であるアイサイト3が全車種で標準装備です。これはスバルだけです。

他メーカーはクルーズコントロールはオプション設定だったりして更に費用が発生します。アイサイトの場合は自動ブレーキやクルーズコントロールなどがセットでこれが全車標準装備です。1番安いグレードもついてくるんですね。これはお買い得です。

そして更にスバルのクルーズコントロールや自動ブレーキは今のところ国産車で1番の高性能を誇っています。またJNCAPの衝突安全性能評価ではインプレッサ/XVが第一位に輝いています。

これだけメリットがあるのでXVは素晴らしいと思います。

ただ弱点がない訳ではありません。

エンジンは先代と代わり映えがなく2.0Lと1.6LでトランスミッションがCVTでこちらは「新型」になっていないのは残念です。新しいプラットフォームの静粛性や乗り心地は好評で弱点の内装も一新されて良くなっているだけに惜しいところ。

また明らかな弱点としては燃費が悪いということ。スバルのSUVは全車AWD(4輪駆動)でハイブリッド等がなくそもそものベース車のインプレッサも燃費が悪いです。ハイブリッドが出るんじゃないか?という噂もありますが今のところは何とも言えない状況です。

まあ、ただ燃費が悪いと言ってもガソリン車のSUVであればこのくらいは普通でしょう。4WD性能は最高ランクで雪道に強いのが魅力。逆に雪が降らない地域の方にとっては燃費が悪いけど、安全性が非常に高い車で悩ましいところはあります。

燃費に目をつぶれば完成度が高い自動車です。オススメのグレードは2.0i-L EyeSightです。

【XV・燃費価格一覧】

第2位 ホンダヴェゼル

【価格帯】192万~288万円
【燃費】19.0~27.0km/L
全長×全幅×全高】4,295×1,770×1,605mm

2位はやっぱりホンダヴェゼルです。何がやっぱりかと言えばバランス感が良く選択肢が広いということが挙げられます。

例えばガソリン車が良ければFFと4WDがありますし、ハイブリッドもFFと4WDがあって好みのタイプが購入できます。予算に応じて購入を検討できますし一番下のグレードは192万~と高額にならないところも魅力です。

サイズ感はコンパクトで4,200mmの全長で扱いやすく、それでいて後席は狭くなく家族で乗れる数少ないコンパクトSUVです。外観も個人的には素晴らしいと思います。SUVらしさが1番出ているルックスで上手くまとまっています。

欠点としては安全装備が弱い、ホンダセンシングが付いていますが今一つパッとしないという評価ですね。自動ブレーキの性能ももう一声ですし、カメラ性能が国産車ではホンダが現状では遅れを取っているのは否めないです。また4WD性能もパッとせずスバルやマツダの電子制御AWDと比べるとうーん、な性能です。

基本的には燃費が良く車体価格も抑えられていて普通に乗るには特に問題のない車種です。

【ヴェゼル・燃費価格一覧】

第3位 CX-3

【価格帯】210万~306万円
【燃費】16.6~25.0km/L
全長×全幅×全高】4,275×1,765×1,550mm

第3位はCX-3です。理由としては2017年8月にガソリン車が追加されて選択肢が増えて予算に応じて選べるということに加えて、CX-3は基本的にSUVとしての走行性能や安全性が高いところが高評価です。

4WD性能に関しては最近のマツダは◎で電子制御AWDによって常時自動車の状況を見守って制御しています。安全装備も精度が高まっていて衝突安全性も年々改良されています。

そして最大の魅力はそのルックスです。CX-3はコンパクトSUVでは1,2を争う質感の高さだと思います。

欠点としては後席が狭いことやディーゼル車はちょっと車体価格が高いんじゃないのかというところ。ガソリン車は車体価格が安くなっていますが2.0L車で車格に似つかわしくない感じはしますね。CX-3はデミオベースですし自動車税が安い区分のエンジンでも良かったかなと思わなくもないですね。

基本的には良い車なんだがBセグメント寄りの大きさでお一人様用がネックです。これより大きいのはCX-5になりますが途端に大きすぎる気がします。

CX-3は車体サイズが気にならなければ非常に扱いやすく運転しやすい高性能でオシャレなSUVです。

【CX-3・燃費価格一覧】

その他のコンパクトSUV

その他には今一番売れているトヨタC-HRがありますね。こちらはハイブリッド車が欲しいという方向けの車種だと言えます。

1.2Lターボは4WDのみでトヨタの4WDは一般的な性能で高いとは言えません。トヨタC-HRは悪い車種ではありませんが車体価格が高めで、総額350万円という見積もりも珍しくないです。これはちょっと高すぎなのでは?と個人的に思いますので今買いたいか?と聞かれたら及び腰です(笑)。ただ最近特別仕様車が出てLDEのオプションの高さが軽減されていて実質的に安くなったと思います。

後は日産ジュークがありますがこちらは今年年末~来年初頭辺りに新型へと切り替わるので今新車で買うのはオススメできません。

三菱RVRは今時の安全装備が無いのがネックです。価格が安いので許せるなら良いかも。スズキのSUV、SX4 S-クロス・エスクード・イグニスなどは車体価格が安くそれなりに良い車ですので気に入ればというところでしょう。

まとめ コンパクトSUV編

コンパクトSUVならXVかヴェゼルかCX-3が最有力候補だと思います。この3台なら失敗が少ないのではないでしょうか。

次点としてはトヨタC-HR。こちらはハイブリッドが良く燃費が気になる方向けです。

雪が降る地域なら4WDが高性能なXVかCX-3が良いでしょう。降らない地域だと2WDを選択するでしょうからヴェゼル、C-HRのハイブリッドやCX-3のディーゼルがオススメですね。

【注意】愛車を下取りに出すと大損!

sg47

あなたは、もしかして販売店に車を売っていませんか?

『下取りしますよ~』と言われてそのまま素直に渡していませんか。
もしそうだとすると大損しています…。

実は販売店の下取りよりも、ネットの車買取査定の方が高く買い取ってもらえることが多いです。

仮にその差が小さくても○万円単位で違う訳ですから大損です。新車を買うならまずはあなたの愛車の値段を調べましょう!

こちらではネットの車買取ランキングを紹介しています。
今、安心して使えるなというサービスです。
お気軽にご利用下さい(*^_^*)

第1位 かんたん車査定ガイド

車買取査定ならかんたん車査定が良かったです。それはすぐに査定額が分かるからです。
こちらの特長は査定を申し込むと完了画面で売却額の概算が出ます。
すぐに下取り額と比較できて良いです。
omo
go11
第2位 カーセンサーnet
car
こちらはカーセンサー。
あのリクルートが運営している車査定サービスです。
参加している車買取業者が多いことがこちらの強み。地方ではカーセンサーが強いです。
go3
第3位 ズバット車買取比較
zbat
第3位はズバット車買取比較。
高額査定が多いという評判が多いのがメリット!
あなたの愛車を高く売りたいなら多く査定するのが近道ですから使って損はありません。
こちらも査定額の概算が出ます!
go2
お勧め記事(一部広告含む)



SUV購入
SUVまとめをフォローする
SUV車まとめ

コメント