今最も安全性が高いSUVは何か?2019年度版(※平成30年度)

今年(2019年)発表された衝突安全性能評価試験と予防安全性能評価試験の結果を見ると「今最も安全性が高いSUV」がわかりました。

この発表された項目について若干説明をすると、

衝突安全性能評価試験=衝突された、衝突した場合の安全性

予防安全性能評価試験=自動ブレーキシステムなどの安全性

いずれもJNCAP・独立行政法人自動車事故対策機構という公的な機関が発表していることなので信頼性は高いと思います。

スポンサーリンク

今最も安全性が高いSUVは何か?2019年度版

2019年に最も安全性が高いSUVということで衝突安全性能評価試験と予防安全性能評価試験の結果が良かった車をお伝えします。

スバルフォレスター

・衝突安全性能評価試験 96.5/100(全体で一位)

予防安全性能評価試験 123.3/126.0(全体で三位)

JNCAP|NASVA 独立行政法人 自動車事故対策機構
独立行政法人自動車事故対策機構(NASVA)のサイト、自動車・チャイルドシートの安全性能評価の情報、運行管理者等指導講習、運転者適性診断による自動車事故の発生防止、介護料の支給、育成資金の貸付、家庭相談など自動車事故被害者や交通遺児への支援等役立つ情報を掲載しています。

最近ではスバルのアイサイトなど他社に押され気味気味だったのですが挽回したかなという結果になりました。

衝突安全性は以前より評価が高く今年も(?)スバル車が一位と素晴らしいですね。

予防安全性能評価試験一位は何?

予防安全性能評価試験というのはいわゆる自動ブレーキシステムの試験のことでこの一位はやはりトヨタでした。

トヨタのアルファードが1位でクラウンが2位と続いています。そしてフォレスターが3位で現状ではアイサイトのカメラよりトヨタ(デンソー)のカメラの方が試験結果が良いですね。

RAV4の試験はまだなのでこれが試験を受けると順位が入れ替わる可能性があります。またトヨタハリアーは安全装備が古いので試験を受けてもフォレスターより上になることはありません。

2019年度版なのに平成30年度なの?

備考ですが今年2019年は平成で言えば平成31年(=令和1年)です。

この試験は昨年(2018年度)に行われた結果を受けて発表しています。

そういったことで最新の2019年に発表される衝突安全性能評価試験と予防安全性能評価試験の結果というのは昨年に行われたものをまとめたものであるということになります。

まあ試験の動画を見ると結構大掛かりですしメーカー全部を集めてということなので大変そうですよね。

【注意】愛車を下取りに出すと大損!

sg47

あなたは、もしかして販売店に車を売っていませんか?

『下取りしますよ~』と言われてそのまま素直に渡していませんか。
もしそうだとすると大損しています…。

実は販売店の下取りよりも、ネットの車買取査定の方が高く買い取ってもらえることが多いです。

仮にその差が小さくても○万円単位で違う訳ですから大損です。新車を買うならまずはあなたの愛車の値段を調べましょう!

こちらではネットの車買取ランキングを紹介しています。
今、安心して使えるなというサービスです。
お気軽にご利用下さい(*^_^*)

第1位 かんたん車査定ガイド

車買取査定ならかんたん車査定が良かったです。それはすぐに査定額が分かるからです。
こちらの特長は査定を申し込むと完了画面で売却額の概算が出ます。
すぐに下取り額と比較できて良いです。
omo
go11
第2位 カーセンサーnet
car
こちらはカーセンサー。
あのリクルートが運営している車査定サービスです。
参加している車買取業者が多いことがこちらの強み。地方ではカーセンサーが強いです。
go3
第3位 ズバット車買取比較
zbat
第3位はズバット車買取比較。
高額査定が多いという評判が多いのがメリット!
あなたの愛車を高く売りたいなら多く査定するのが近道ですから使って損はありません。
こちらも査定額の概算が出ます!
go2
お勧め記事(一部広告含む)



SUV最近のニュース
SUVまとめをフォローする
SUV車まとめ

コメント