リアリクライニングがあるSUVを調べてみた!※現役全SUV・リアシートヒーター

リアリクライニングをご存知でしょうか?

そのままですが「リアシートがリクライニングできる(背もたれを後方に傾斜できる)」という意味です。

運転席や助手席は後ろにシートを傾斜させることは可能なのは当たり前ですが、後席(リアシート)は意外にリクライニングできない車が多いです。

そこで現行車の国産SUV全てを調査してみました!(ついでにリアシートヒーターも調べました)

それでは結果をご報告します。

スポンサーリンク

2019年・現行車の国産SUV全てを調べてみた。

メーカー別に行きます。◎が有り、×は無しです。

※またシートヒーターについては「後席(リアシート)の有無」であり運転席&助手席ではありません。

トヨタ

車種名 リクライニング ヒーター 備考
C-HR × × 6:4分割可倒式、前席はGにヒーター有り
ハリアー × 6:4分割可倒式、ヒーターは上級のみ前席装備
ランクル 2列目○、3列目は×。ヒーターは2列目まででZXとGセレのみ
ランクルプラド × 2列目までリクライニング。3列目は無し
ハイラックス × × 6:4分割チップアップリアシート
新型RAV4 × 国内発表はまだですが、あります

マツダ

 

車種名 リクライニング ヒーター 備考
CX-8 2列目○、3列目は×。ヒーターはLパケのみ標準装備
2代目CX-5 4:2:4分割可倒式、ヒーターはLパケ以上が標準装備
初代CX-5 × × 2012~2016年式の初代型は無い
CX-3 × × 6:4分割可倒式リアシート

スバル

車種名 リクライニング ヒーター 備考
アウトバック 6:4分割可倒式リアシート
フォレスター 6:4分割可倒式リアシート
XV × × 6:4分割可倒式リアシート

ホンダ

車種名 リクライニング ヒーター 備考
CR-V × 2列目○、3列目も可能。
ヴェゼル × 6:4分割可倒式リアシート

日産

車種名 リクライニング ヒーター 備考
エクストレイル OP ※MC後モデル(2017年6月~)
エクストレイル OP ※MC前モデル(2013年~2017年)は3列車のみリクライニング可
ジューク × × 6:4分割可倒式リアシート

エクストレイルですが同じモデルでもマイナーチェンジ前と後では仕様が違っています。

■マイナーチェンジ(MC)前モデル ※2013年~2017年

…3列7人乗り車だけが2列目のリアリクライニング、スライドが可能です。シートヒーターは前席だけ標準装備(グレードによるが)。

■マイナーチェンジ(MC)後モデル ※2017年6月~

…2列車でもリアリクライニングが可能。シートヒーターは前席・後席を含め全てメーカーオプションに。

スズキ

車種名 リクライニング ヒーター 備考
ジムニー × XC、XLは左右独立12段階リクライニング
シエラ × 左右独立12段階リクライニング
クロスビー × 5:5分割可倒式リヤシート
SX4 S-クロス × リアリクライニング1段階
イグニス × MG以外にリアリクライニング
エスクード × × 6:4分割可倒式リアシート
ハスラー × 分割可倒式リヤシート

三菱

車種名 リクライニング ヒーター 備考
エクリプスクロス × 6:4分割可倒式リアシート
パジェロ × 6:4分割セパレートシート
アウトランダー × 6:4分割セパレートシート
RVR × × 後席はスライドするがリクライニングしない
デリカD:5 × 2列目までリクライニング。3列目は無し

LEXUS

車種名 リクライニング ヒーター 備考
LX 2列目○、3列目は×
RX ヒーターは上位グレードのみ
NX ヒーターは“version L”のみ
UX × × 特になし

まとめとして

最後にまとめとしてはリアリクライニングについてはミドルサイズ以上の現役車種にはほぼ付いているなということが分かりました。

ただコンパクトクラス以下の車種になると付いていない車種が多いです。なので買ってからアレ?とならないようチェックしておいた方が良いでしょう。

更についでに調べたシートヒーターですがこちらは特殊な装備なのでオプションでも付かない車種が多いです。前席(運転席&助手席)ならほとんどの車種に標準かオプションで付けられるものの後席は駄目のようです。

スバルのアウトバックとフォレスターはいずれも全車標準装備なので後席も重視している寒冷地仕様な車ですね。

【注意】愛車を下取りに出すと大損!

sg47

あなたは、もしかして販売店に車を売っていませんか?

『下取りしますよ~』と言われてそのまま素直に渡していませんか。
もしそうだとすると大損しています…。

実は販売店の下取りよりも、ネットの車買取査定の方が高く買い取ってもらえることが多いです。

仮にその差が小さくても○万円単位で違う訳ですから大損です。新車を買うならまずはあなたの愛車の値段を調べましょう!

こちらではネットの車買取ランキングを紹介しています。
今、安心して使えるなというサービスです。
お気軽にご利用下さい(*^_^*)

第1位 かんたん車査定ガイド

車買取査定ならかんたん車査定が良かったです。それはすぐに査定額が分かるからです。
こちらの特長は査定を申し込むと完了画面で売却額の概算が出ます。
すぐに下取り額と比較できて良いです。
omo
go11
第2位 カーセンサーnet
car
こちらはカーセンサー。
あのリクルートが運営している車査定サービスです。
参加している車買取業者が多いことがこちらの強み。地方ではカーセンサーが強いです。
go3
第3位 ズバット車買取比較
zbat
第3位はズバット車買取比較。
高額査定が多いという評判が多いのがメリット!
あなたの愛車を高く売りたいなら多く査定するのが近道ですから使って損はありません。
こちらも査定額の概算が出ます!
go2
お勧め記事(一部広告含む)



SUVの知識集
SUVまとめをフォローする
SUV車まとめ

コメント