三菱新型RVRの発売は延期?発売は3年後の2019年か

新型RVRの開発を巡ってゴタゴタがあった三菱自動車ですが、新型のRVRの発売の延期は確実のようです。

当初は2016年の春に発売されるという予定でした。

当サイトでもそういった予定になっていると感じでコンセプトカーがカッコいいとか呑気に言っていました。

しかしフタを開けてみると大変なことになっていたようです。

スポンサーリンク

新型RVRの発売は3年先送り!?

本当はそろそろ発売される筈だったが…

いろいろ情報があって何がなんだかという感じですが、以下の報道もあるようです。

RVRという車種のフルモデルチェンジを2016年に行う計画であったが、開発に失敗し、車両の重量が想定より増え、結果的に燃費や二酸化炭素排出量といった目標の達成が難しくなった。そのため、開発をやり直し、フルモデルチェンジを3年先に延ばすことを余儀なくされた。

意見をつなぐ。日本が変わる。
LINE株式会社が運営する日本最大級の提言型ニュースサイト。政治、経済、ライフ、ウェブなどのカテゴリを展開。新聞・テレビでは読めない記事を提供します。

簡単に言ってみれば、新型RVRの発売は未定になったということで間違いありません。

一部情報によれば(雑誌等)、「三菱自動車は今後の計画を全て1年先送りにする」という話もあるのですがそれについても「そういう予定で行きたいということはあるのだろうが、あくまでも願望に過ぎない」と捉えて良さそうです。

全く先のことは決まっていない模様で新型RVRを購入したいなと考えた方は予定を変更した方が良さそうですね。

殘念なニュース

自動車市場では「これからはSUVだ!」という感じなっているのに、SUV+PHEVで巻き返そうとしている三菱自動車がこんな感じでは復権は望めそうもありませんね。

独自路線の車種を投入する予定だっただけに非常に殘念です。

新型RVRもコンセプトカーはカッコ良かったのになという感じがしています。

モーターショーに出たRVR?は普通でしたし…。

パジェロにも影響あり?

2017年に発売予定なのが新型パジェロと軽自動車のパジェロミニです。

こちらもパジェロについてはPHEVの噂もあり、影響が出る可能性があります。

クリーンディーゼル車とガソリン車で開発が進んでいれば2017年に発売されそうですよね。

現状で問題になっているのはおそらくですが、PHEVでしょう。RVRはPHEVが主だという情報ですので予定があった新型のミドルクラスSUVの開発にも影響がありそうです。

【注意】愛車を下取りに出すと大損!

sg47

あなたは、もしかして販売店に車を売っていませんか?

『下取りしますよ~』と言われてそのまま素直に渡していませんか。
もしそうだとすると大損しています…。

実は販売店の下取りよりも、ネットの車買取査定の方が高く買い取ってもらえることが多いです。

仮にその差が小さくても○万円単位で違う訳ですから大損です。新車を買うならまずはあなたの愛車の値段を調べましょう!

こちらではネットの車買取ランキングを紹介しています。
今、安心して使えるなというサービスです。
お気軽にご利用下さい(*^_^*)

第1位 かんたん車査定ガイド

車買取査定ならかんたん車査定が良かったです。それはすぐに査定額が分かるからです。
こちらの特長は査定を申し込むと完了画面で売却額の概算が出ます。
すぐに下取り額と比較できて良いです。
omo
go11
第2位 カーセンサーnet
car
こちらはカーセンサー。
あのリクルートが運営している車査定サービスです。
参加している車買取業者が多いことがこちらの強み。地方ではカーセンサーが強いです。
go3
第3位 ズバット車買取比較
zbat
第3位はズバット車買取比較。
高額査定が多いという評判が多いのがメリット!
あなたの愛車を高く売りたいなら多く査定するのが近道ですから使って損はありません。
こちらも査定額の概算が出ます!
go2
お勧め記事(一部広告含む)



RVR
SUVまとめをフォローする
SUV車まとめ

コメント