三菱パジェロが一部改良※何が改良されたのか?2015年夏

三菱パジェロが一部改良になっています。

最近の三菱はようやく活発的になってきましたね。

アウトランダーPHEVは好調のようですので、パジェロも勢いを盛り返したいところです。

スポンサーリンク

今回のパジェロは何が改良された?

2015年7月17日より発売される一部改良モデルのパジェロですが、何が変わったのかを説明していきます。

・オートマチックハイビーム追加

こちらはお馴染みの機能かもしれませんが、SUPER EXCEED、EXCEED、VR-Ⅱに標準装備されました。

ハイビーム、ロービームが全て自動で切り替えてくれるので楽ですし安全対策になります。こちらは三菱車では初の搭載車になります。

・ディープレッドマイカが追加

こちらはボディー色ですね。深い赤色が追加されたことで選択肢が増えたということになります。

PJ2

中々イイ色ですね(*^_^*)

クリーンディーゼル車・編

クリーンディーゼル車に関してはエコカー減税が変更になっています。

※VR-1を除くグレードが新長期排出規制に適合しています。

要するにこれから購入する場合には、エコカー減税対象になるのでお得ですよ、ということになります。

・自動車取得税と自動車重量税が免税
144,500円お得! ※EXCEED 4WD 5ATの場合

・クリーンエネルギー自動車等導入促進対策費補助金が出る
※上限で14万円!

・翌年度の自動車税が75%軽減!

…といった形でマツダのディーゼル車と同様のレベルで減税対象になっているかなと言えますね。

一部改良なのでそれ程変わってはいませんが

今回のパジェロの一部改良はそれ程大きく変わってはいないのですが、目玉はやはりクリーンディーゼル車のエコカー減税が大きくなったということでしょう。

ランクルプラドのディーゼル車を意識していると思いますし、マツダ車のディーゼルにも対抗しようという意気込みは感じられますね。

次のパジェロのフルモデルチェンジは2017年以降という情報です。

フルモデルチェンジではかなり大きな変更になると言われています。

ただまだまだ先になりそうですので、いつ購入するのか?の目安にしてもらえればと思っています。

尚、今回の一部改良車は車体価格はほぼ変わっていないので、クリーンディーゼル車の減税や補助金がありますから実質的にはディーゼル車は値下げになったと捉えて間違いありません。

【注意】愛車を下取りに出すと大損!

sg47

あなたは、もしかして販売店に車を売っていませんか?

『下取りしますよ~』と言われてそのまま素直に渡していませんか。
もしそうだとすると大損しています…。

実は販売店の下取りよりも、ネットの車買取査定の方が高く買い取ってもらえることが多いです。

仮にその差が小さくても○万円単位で違う訳ですから大損です。新車を買うならまずはあなたの愛車の値段を調べましょう!

こちらではネットの車買取ランキングを紹介しています。
今、安心して使えるなというサービスです。
お気軽にご利用下さい(*^_^*)

第1位 かんたん車査定ガイド

車買取査定ならかんたん車査定が良かったです。それはすぐに査定額が分かるからです。
こちらの特長は査定を申し込むと完了画面で売却額の概算が出ます。
すぐに下取り額と比較できて良いです。
omo
go11
第2位 カーセンサーnet
car
こちらはカーセンサー。
あのリクルートが運営している車査定サービスです。
参加している車買取業者が多いことがこちらの強み。地方ではカーセンサーが強いです。
go3
第3位 ズバット車買取比較
zbat
第3位はズバット車買取比較。
高額査定が多いという評判が多いのがメリット!
あなたの愛車を高く売りたいなら多く査定するのが近道ですから使って損はありません。
こちらも査定額の概算が出ます!
go2
お勧め記事(一部広告含む)



パジェロ
SUVまとめをフォローする
SUV車まとめ

コメント