三菱アウトランダーPHEVは何ができる?災害時も安心!?

アウトランダーPHEVは普通の車ではありません。

ただ走れるだけではなく、他にもできることがあります。

実際は用途が多くあって凄い車ですが今一つ普及していませんね。

スポンサーリンク

アウトランダーPHEVができること

以下より3つに分けて説明します。

①走行できる

これは当たり前ですね(^_^;)
ただEV車として走れますし、且つハイブリッド車としても走れます。

バッテリーセーブモードにするとボタン一つでバッテリーがまだ残っていてもハイブリッド車として走行可能という優れた車です。

EV車として走るよりもガソリンエンジンで走った方が馬力が出ます。

②給電できる

アウトランダーから電気を逆に供給できます。

メーカーオプションながら車に100VAC電源を付けると外出先でコンセントを差して電化製品が使用可能です。

キャンプ時にホットプレートや電気ポットなど電化製品が何でも使えます。外出先でノートパソコンの充電が切れても使えますね。

キャンプカー的な使い方もできますね。

③蓄電できる

蓄電??

蓄電(ちくでん)とは電気を貯めるということです。

 

実は太陽光発電で発電した電気をアウトランダーPHEVに充電して、更にアウトランダーから自宅へ電気を供給可能なんです。

→SMART V2H(三菱電機HPへ)

SMART V2Hという装置を自宅に設置すると、太陽光発電から一旦、アウトランダーPHEVに蓄電して、停電時などの緊急時には自動車から自宅に電気を供給するということが可能なんです。

また普通の電気と太陽光発電の電気も混ぜて使えるので経済的かな?と思われます。

これで全部三菱製に

まあ、結局そういう話になりますよね(^_^;)

太陽光システムと車(アウトランダーPHEV)、そしてSMART V2Hという装置を全て揃えないと実現できません。太陽光システムは他社製でも可能なものがあるということですが太陽光も三菱製で揃えた方が確実です。

正直『こんなの必要なの?』と思われる方が多数かもしれませんが、長期停電時には安心です。近所の人から何か言われそうですが…。

例えば大地震があった日にはこのシステムが活躍するかもしれません。

太陽光パネルが落ちない保証はないんですが汗、それさえ生き残っていれば何とかなりそうです。

【→アウトランダー値引き情報!】

【注意】愛車を下取りに出すと大損!

sg47

あなたは、もしかして販売店に車を売っていませんか?

『下取りしますよ~』と言われてそのまま素直に渡していませんか。
もしそうだとすると大損しています…。

実は販売店の下取りよりも、ネットの車買取査定の方が高く買い取ってもらえることが多いです。

仮にその差が小さくても○万円単位で違う訳ですから大損です。新車を買うならまずはあなたの愛車の値段を調べましょう!

こちらではネットの車買取ランキングを紹介しています。
今、安心して使えるなというサービスです。
お気軽にご利用下さい(*^_^*)

第1位 ナビクル

車買取査定ならナビクルが良かったです。それはすぐに査定額が分かるからです。
こちらの特長は査定を申し込むと完了画面で売却額の概算が出ます。
すぐに下取り額と比較できて良いです。
omo
第2位 カーセンサーnet
car
こちらはカーセンサー。
あのリクルートが運営している車査定サービスです。
参加している車買取業者が多いことがこちらの強み。地方ではカーセンサーが強いです。
go3
第3位 ズバット車買取比較
zbat
第3位はズバット車買取比較。
高額査定が多いという評判が多いのがメリット!
あなたの愛車を高く売りたいなら多く査定するのが近道ですから使って損はありません。
こちらも査定額の概算が出ます!
go2
お勧め記事(一部広告含む)



アウトランダー
SUVまとめをフォローする
SUV車まとめ

コメント