三菱アウトランダーはどのグレードを買ったら良い?PHEVガソリン車グレード別

三菱アウトランダーのグレード選びを考えていきます。

まずアウトランダーにはPHEVガソリン車があります。

アウトランダーPHEVは電気自動車ですので充電環境が必要です。ガソリンだけでも走れますが。

ガソリン車の方は一般的なSUVと変わりません。この車種はミドルサイズのSUVとなります。

スポンサーリンク

アウトランダーPHEV

アウトランダーPHEVは5グレード構成(+特別仕様車)で車体価格は365万円~と国産車では高額な車種です。また2017年度の補助金は一律20万円となっていますので車体価格から差し引いて考えることが可能です。ただ来年度からどうなるのかは不明確です。

M

4WD:¥3,659,472


MはアウトランダーPHEVのベースグレードです。充電機能などの必須の基本的な装備はありますが華美な装備は削られているので安いとなります。

上級グレードにあってMにない装備を挙げていきましょう。

【Mにない主な装備】

■LEDフォグランプ

■ステアリングヒーター

■マルチアラウンドモニター

■e-Assist(自動ブレーキ、クルコンなど)

三菱リモートコントロール

■雨滴感応オートワイパー

■自動防眩ルームミラー

■ステアリングオーディオスイッチ

オプション設定不可

○本革シートOP設定不可

○ガラスサンルーフOP設定不可

最も大きいのはe-Assistという安全装備パッケージが装備不可ということです。オプション設定もないのでここがベースグレードの弱みです。

G Safety Package

4WD:¥3,973,860


G Safety PackageとMとの価格差は314,388円です。

【標準装備とOP設定】

e-Assist(自動ブレーキ、クルコンなど)

■LEDフォグランプ

■ステアリングヒーター

■マルチアラウンドモニター

■雨滴感応オートワイパー

■自動防眩ルームミラー

■ステアリングオーディオスイッチ

■18インチラウンドリムタイプアルミホイール

オプション設定OK

○本革シート

○ガラスサンルーフ

三菱リモートコントロール

1番大きな違いはe-Assist標準装備だと思います。その他にも様々な装備が付いて30万円くらいは装備が増えたかなといったところ。いずれにせよこのくらいの装備は欲しいなと思うラインです。

G Navi Package

4WD:¥4,324,860


G Navi PackageとG Safety Packageとの価格差は351,000円です。

こちらはグレード名の通りナビが追加になります。

ナビは7インチWVGAディスプレイメモリーナビゲーション[MMCS]+地上デジタルTVチューナー(フルセグ)+マルチアラウンドモニター(バードアイビュー機能付)+ビルトインETCユニット+ボイスコマンド機能(音声操作)+リンクシステム(Bluetooth通信対応ハンズフリーオーディオ機能、USB入力対応)

その他にもエレクトリック テールゲート、三菱リモートコントロールなどが付きますからお得と言えばお得かもしれません。ただナビは純正でなくて良いという方は必要ないグレードでしょう。

G Premium Package

4WD:¥4,681,260


G Premium Packageは上のG Navi Packageの上位グレードとなります。

まず本革シート(OP価格:248,400円)が標準装備です。

更にナビも標準装備で

■G Navi Packageは【ナビ+6スピーカー

G Premium Packageは【ナビ+ロックフォードフォズゲートプレミアムサウンドシステム(※OP価格:102,600円)】

と差別化されています。

あとは100V AC電源(1500W)(※OP価格:75,600円)も標準装備。

そしてG Navi Packageとの価格差は356,400円となります。

G Premium Packageは価格的にお得か計算してみましょう。

増えた装備のOP価格を足すと248,400円+102,600+75,600円=426,600円

★426,600円-356,400円=70,200円お得となります。

S Edition

4WD:¥4,789,260


S EditionはアウトランダーPHEVの最上級グレードです。何が最上級なのか?と言えば

■電動ガラスルーフ(97,200円)が唯一標準装備

■ルーフレールはOP設定だが色が唯一グロスブラックになる(他はシルバー)

■S Edition専用本革シート

■ビルシュタイン社製ショックアブソーバー

■ダーククローム調塗装18インチアルミホイール

■フロントグリルが唯一ブラックメッキ

■ブラックルーフの2トーンカラーが唯一選べる

S Editionには一般的なナビは付きません。その代わりにスマートフォン連携 ディスプレイオーディオというものが装備されます。こちらはスマートフォンと連携して音楽やグーグルマップを利用したナビゲーションが可能という機能があります。

普通のナビが良ければこちらを非搭載にすることも可能です。両方付けることは不可能です。ナビをどうするかを悩みそうな設定です。

アウトランダーPHEVはどのグレードを買うべきか!?

アウトランダーPHEVは最低、G Safety Package以上を選ぶべきです。

やはり先進的な安全装備を付けるべきですのでG Safety Packageがベストグレードです。

¥3,973,860

それ以上はナビが付いたり本革シートが付いたりと全ての方にマストな装備ではないので欲しい方は選んで良いのではないか?といったところです。オプション設定もありますから標準装備でなくても良い装備はありますし、ナビは社外品でも可でしょう。

あとアウトランダーPHEVの人気装備と言えば100V AC電源です。こちらはG Premium Package、S Editionが標準装備。その他のグレードはオプション設定(75,600円)ですのでここは別に何のグレードでも付けられます。

続いてはガソリン車編です。(長くなったので2へ行きます)

【注意】愛車を下取りに出すと大損!

sg47

あなたは、もしかして販売店に車を売っていませんか?

『下取りしますよ~』と言われてそのまま素直に渡していませんか。
もしそうだとすると大損しています…。

実は販売店の下取りよりも、ネットの車買取査定の方が高く買い取ってもらえることが多いです。

仮にその差が小さくても○万円単位で違う訳ですから大損です。新車を買うならまずはあなたの愛車の値段を調べましょう!

こちらではネットの車買取ランキングを紹介しています。
今、安心して使えるなというサービスです。
お気軽にご利用下さい(*^_^*)

第1位 ナビクル

車買取査定ならナビクルが良かったです。それはすぐに査定額が分かるからです。
こちらの特長は査定を申し込むと完了画面で売却額の概算が出ます。
すぐに下取り額と比較できて良いです。
omo
第2位 カーセンサーnet
car
こちらはカーセンサー。
あのリクルートが運営している車査定サービスです。
参加している車買取業者が多いことがこちらの強み。地方ではカーセンサーが強いです。
go3
第3位 ズバット車買取比較
zbat
第3位はズバット車買取比較。
高額査定が多いという評判が多いのがメリット!
あなたの愛車を高く売りたいなら多く査定するのが近道ですから使って損はありません。
こちらも査定額の概算が出ます!
go2
お勧め記事(一部広告含む)



アウトランダー
SUVまとめをフォローする
SUV車まとめ

コメント