2018年のマイナーチェンジモデルCX-3情報※動画で新旧モデルを比較

さてお伝えしてきたように2018年のCX-3の年次改良は内外装の大きな変更になりますのでマイナーチェンジと言って良い改良となりましたね。

ニューヨークのオートショーでマイナーチェンジモデルのCX-3が発表されています。

新旧モデルがどう変わったのかを動画で見比べてみるのが1番でしょう!それで早速以下より紹介します。

スポンサーリンク

CX-3の動画で新旧モデルを比較

2019 Mazda CX3 新しい方です↓

こちらがNYで発表されたCX-3です。2019となっていますがこれは向こうの慣習で2018年に発売されるのですが翌年の2019 Mazda CX3という表記になります。


2016 Mazda CX3 古い方です↓

こちらも2016という表記ですが2015年に発売された最も古いCX-3です。

ちなみに最初のCX-3は2015年に発売されました。これが初代CX-3です。

当初のCX-3の評価としては「エンジンなど中身はデミオなのに価格が高いな」などという批判があったもののカッコ良いコンパクトSUVということで日本でも人気車として定着した感じはあります。MAZDAのSUVは他メーカーのSUVよりも女性が乗っていることが多い印象です。やっぱりオシャレですからね。

新旧CX-3で変わった点とは何か?

さて新旧CX-3で変わった点を紹介しておきます。

■フロントマスクの変更

■リアのテールLEDランプのデザイン変更

■アルミホイールデザイン変更

■電動パーキングブレーキへ変更

■2.0Lガソリンエンジン再チューニング

■ディーゼルは不明

■ボディーカラーのソウルレッドクリスタル追加

主な変更点は以上になります。ただその他にも全体的に細かい質感を高めていてMAZDAらしい年次改良(マイチェン)です。

個人的にはテールランプのデザイン変更はぐっと来ました。

高級車っぽいです笑。

アームレストが標準装備に!?

実は最初のCX-3にはアームレストが付いていませんでした。

→CX-3を購入したい人向けにかなり調べてみた※どのグレードを買うべき?

これは前期型のCX-3は手で引くタイプのサイドブレーキレバーが運転席の左手側にあったのでアームレスト無しがデフォルトだったのだと思われます。

しかし新しいCX-3は電動パーキングブレーキに格上げされましたのでサイドブレーキが無くなった分だけスペースができてカップホルダーが付いたアームレストが設置されています。

これはおそらく全車に標準装備だろうと思われます。オプションで付けなくても良くなったので助かります。

尚、新しいCX-3の日本発売は2018年夏頃の予定だそうです。

【注意】愛車を下取りに出すと大損!

sg47

あなたは、もしかして販売店に車を売っていませんか?

『下取りしますよ~』と言われてそのまま素直に渡していませんか。
もしそうだとすると大損しています…。

実は販売店の下取りよりも、ネットの車買取査定の方が高く買い取ってもらえることが多いです。

仮にその差が小さくても○万円単位で違う訳ですから大損です。新車を買うならまずはあなたの愛車の値段を調べましょう!

こちらではネットの車買取ランキングを紹介しています。
今、安心して使えるなというサービスです。
お気軽にご利用下さい(*^_^*)

第1位 かんたん車査定ガイド

車買取査定ならかんたん車査定が良かったです。それはすぐに査定額が分かるからです。
こちらの特長は査定を申し込むと完了画面で売却額の概算が出ます。
すぐに下取り額と比較できて良いです。
omo
go11
第2位 カーセンサーnet
car
こちらはカーセンサー。
あのリクルートが運営している車査定サービスです。
参加している車買取業者が多いことがこちらの強み。地方ではカーセンサーが強いです。
go3
第3位 ズバット車買取比較
zbat
第3位はズバット車買取比較。
高額査定が多いという評判が多いのがメリット!
あなたの愛車を高く売りたいなら多く査定するのが近道ですから使って損はありません。
こちらも査定額の概算が出ます!
go2
お勧め記事(一部広告含む)



CX-3
SUVまとめをフォローする
SUV車まとめ

コメント