マツダのディーゼル車はちょい乗りNGなのか?※煤で詰まって不具合に

マツダのクリーンディーゼルは低燃費で軽油仕様なので燃料代がとても安く済むということで多少車体価格が高くても欲しいという方は多いようです。

その一方で「マツダのディーゼル車はちょい乗りが多い場合は煤が詰まって不具合が起こる」という話も聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。

まずこれって本当なのか?についてですね…。

※当該記事は「マツダのクリーンディーゼル」についての話題です。その他のメーカーのクリーンディーゼルは仕様が違いますのでまた別の話になります。

スポンサーリンク

ディーラーによってはちょい乗りが多い人はディーゼル車購入を止められる?

まず最近ではマツダのディーラーでは(人を見て)ディーゼル車購入を止める場合はあるようですね。

ちょい乗りばかりを繰り返すような乗り方だとマツダのクリーンディーゼル車のエンジンは不調になりやすいので「ガソリン車の方が良いと思いますよ…」と止められることもあるようです。初期はディーラーもよく分かっていなかったのか?とにかくディーゼルの販売促進をしていたようですが、最近では不具合もあって怒られるのが嫌なんでディーゼルのデメリットを伝えるディーラーも増えているようだということです。

例えばデミオを買うお客さんで近くのお店に買い物へ行くくらいしか車の用途がなさそうな人にはガソリン車の方が良いんじゃないですか的な対応があるということですね。主婦の方や遠出しない方とかそういうケースだとちょい乗り連発ですからディーゼル車は止めた方が良いと思います。

またCX-5(やアテンザのような上位車種を)を買うような人だから必ずしもちょい乗り問題を理解しているかと言えばそうでもないと思うので注意喚起は全車種に必要でしょう。

ところで、ちょい乗りとちょい乗りではない具体的な距離の境目は?

先程から「ちょい乗り」とわたくし連呼していますがそれじゃ「ちょい乗り」って具体的にどのくらいなんだよー?とお思いの方も多いと思います。

まず問題としてはここで言う「ちょい乗り」とは距離が問題なのではなく、低回転で短い時間しか自動車を走らせないことが問題であるということです。

ちょい乗りではない走り方とは高回転(3000回転以上)で20~30分程度走ることです。これを週一回くらい行えばマツダのクリーンディーゼル車は元気に走ってくれるようです。

まとめると『週一回くらいはエンジンを3000回転以上で20~30分くらい走った方がエンジントラブルを回避できる確率が高まる』ということを買う前に理解した方が良さそうです。

※という話です。保証できかねますので、ディーゼル車を買う場合にはディーラーから話をよく聞いてからにして下さい。

そういうことで距離が問題ではありません。また時間的な問題でもなく「渋滞しながらゆっくりと1時間走りました」では意味がないでしょう。

「毎週、そんな時間無いよ、忙しいし…」という方はほぼディーゼル車は向いてないです。

一番最悪なのはディーゼルは燃費が良く燃料代も安いから飛び付いてしまうパターンですね。車に乗ってもアクセルは余り踏まないし燃費命でエコ運転を心掛けちゃう人。

こういう方は完全にハイブリッド向きです。ディーゼル車は走るのが好きな方向けでちょっとしたメンテナンスも楽しいみたいといったイメージの人に合致しています。

ディーゼルエンジンが不調になるとは?

次にディーゼルエンジンが不調になるとは?ということで具体的な症状ですね。

こちらは最終的にエンジンがエンストを起こしたりするようです。ですからエンジンの掛かりが悪いとか異音がするとかそういった症状が出始めると危険ですからすぐにディーラーで見てもらうことが必要です。

煤が溜まるのは不具合なのか?

よくマツダのディーゼルは「煤が溜まる」というような話があるようですね。

こちらは仕様なので「煤が溜まる」のは普通なんじゃないのかと。

問題としては煤が溜まりすぎると不具合が起こるので、日頃のメンテナンスとして週一くらいは高回転でエンジンを回して30分くらい走るということが大事でしょう。それによって煤もある程度は燃焼できるようです。

またメーカーが推奨するオイル交換の頻度も守ることが大事ですね。

煤焼きモードとは?

マツダのディーゼル車には「煤焼きモード」なるものがあるそうです。

こちらはディーラーでのみ対応できるモードで煤が貯まりすぎた場合にはこの煤焼きモードにして煤を焼くという工程を行うようです。

正直な話、煤に関しては普通に車に乗られる方は必要以上に気にしない方が良さそうです。稀に自分で煤を掃除しているという方もいらっしゃるようですが(動画はこちら)、ちょっと難しそうですよね。

気になる方はディーラーに相談したり掃除して貰えば良いことですので不具合が無ければ特に問題はないと思います。

マツダのディーゼル車はよく走る人専用だ

結論としてはマツダのディーゼル車はよく走る人向けですね。そもそもディーゼル車ってそういう感じの車です。長距離用の大型トラックなどはディーゼルエンジンを使っていますね。

ただいろいろ気を使いたくない方は従来どおりにガソリン車が良いでしょう。「オイル交換なんてやったことないや、車検の時にやってくれるんじゃないの??」みたいなタイプの方はどうも止めた方が良さそうです。

CX-5であれば2.5Lのガソリン車4WDでも実燃費は1リッター辺り11km前後走るということですから経済性を懸念するのであってもガソリン車で十分だと思いますよ。

【注意】愛車を下取りに出すと大損!

sg47

あなたは、もしかして販売店に車を売っていませんか?

『下取りしますよ~』と言われてそのまま素直に渡していませんか。
もしそうだとすると大損しています…。

実は販売店の下取りよりも、ネットの車買取査定の方が高く買い取ってもらえることが多いです。

仮にその差が小さくても○万円単位で違う訳ですから大損です。新車を買うならまずはあなたの愛車の値段を調べましょう!

こちらではネットの車買取ランキングを紹介しています。
今、安心して使えるなというサービスです。
お気軽にご利用下さい(*^_^*)

第1位 ナビクル

車買取査定ならナビクルが良かったです。それはすぐに査定額が分かるからです。
こちらの特長は査定を申し込むと完了画面で売却額の概算が出ます。
すぐに下取り額と比較できて良いです。
omo
第2位 カーセンサーnet
car
こちらはカーセンサー。
あのリクルートが運営している車査定サービスです。
参加している車買取業者が多いことがこちらの強み。地方ではカーセンサーが強いです。
go3
第3位 ズバット車買取比較
zbat
第3位はズバット車買取比較。
高額査定が多いという評判が多いのがメリット!
あなたの愛車を高く売りたいなら多く査定するのが近道ですから使って損はありません。
こちらも査定額の概算が出ます!
go2
お勧め記事(一部広告含む)



マツダ
SUVまとめをフォローする
SUV車まとめ

コメント