ホンダヴェゼルのフルモデルチェンジ情報※2020年末~21年にかけての予定です

ホンダヴェゼルのフルモデルチェンジ情報です。

ついにホンダヴェゼルが初のフルモデルチェンジを行うことになります。

その時期は上にも書いた通りですが今の所、20年12月~21年2月の間で発表発売に至るという情報です。

ですからもしも即買いするのであれば、来年の今頃にはすでにディーラーの方に注文済みとなっている筈です。

スポンサーリンク

ホンダヴェゼルのフルモデルチェンジ内容

キープコンセプトということで現行型より大幅に変わるということは無いようです。

ラインナップは、

・1.5Lガソリンエンジン

・1.5Lハイブリッド

・1.5Lターボ

という3タイプが発売予定となっており、こちらも現行型と変わりませんね。

何が変わるんだ?ホンダヴェゼル

次のホンダヴェゼルで変わるとしたらハイブリッドの方式が大きく変わるということになります。

20年2月に発売されるホンダフィットでは新開発の2モーターハイブリッドシステム「e:HEV」を搭載しています。

※「e:HEV」

こちらは何なのかと言えば2モーターの1.5Lハイブリッド車で燃費が以前の方式よりも改善されるということです。フィットでWLTCモード燃費は30km/L以上となる見込みですからヴェゼルでも30km/L前後が期待できるかもしれません。

とにかく次のヴェゼルハイブリッドは燃費に期待できる!ということなんです。ライバルのC-HRよりも燃費が高まることでしょう。現状ではかなり負けてます。

・C-HRハイブリッド…30.4km/L

・初代ヴェゼルハイブリッド…26.0km/L

※JC08モード燃費です。

新型ヴェゼルを待つ価値はあるのか?

新型登場まであと1年ありますがハイブリッド車を買うなら待つ価値はありそうです。

燃費が改善することが主な理由になりますがさらにホンダセンシングが最新式となるため新型フィットの方が現行型のヴェゼルより安全装備が上回ります。

安全装備はすでに車種のグレードというよりいかに新しい車種なのか?で性能が段違いになってきますから新型ヴェゼルを購入する意味はありますね。

ですからハイブリッドでなくても新型を待つべきではないでしょうか!?

【注意】愛車を下取りに出すと大損!

sg47

あなたは、もしかして販売店に車を売っていませんか?

『下取りしますよ~』と言われてそのまま素直に渡していませんか。
もしそうだとすると大損しています…。

実は販売店の下取りよりも、ネットの車買取査定の方が高く買い取ってもらえることが多いです。

仮にその差が小さくても○万円単位で違う訳ですから大損です。新車を買うならまずはあなたの愛車の値段を調べましょう!

こちらではネットの車買取ランキングを紹介しています。
今、安心して使えるなというサービスです。
お気軽にご利用下さい(*^_^*)

第1位 ナビクル

車買取査定ならナビクルが良かったです。それはすぐに査定額が分かるからです。
こちらの特長は査定を申し込むと完了画面で売却額の概算が出ます。
すぐに下取り額と比較できて良いです。
omo
第2位 カーセンサーnet
car
こちらはカーセンサー。
あのリクルートが運営している車査定サービスです。
参加している車買取業者が多いことがこちらの強み。地方ではカーセンサーが強いです。
go3
第3位 ズバット車買取比較
zbat
第3位はズバット車買取比較。
高額査定が多いという評判が多いのがメリット!
あなたの愛車を高く売りたいなら多く査定するのが近道ですから使って損はありません。
こちらも査定額の概算が出ます!
go2
お勧め記事(一部広告含む)



ヴェゼル
SUVまとめをフォローする
SUV車まとめ

コメント