RAV4の2015年新型はハイブリッドではない※1.2Lターボ?

RAV4の新型日本発売時期については2015年~2016年と言われています。

正式発表が無いので今のところは何とも言えません。

また日本向けなのでハイブリッド車になるのではという憶測があったもののこちらは1.2Lのガソリンターボ車になるという話が有力です。

ハイブリッドのコンパクトSUVはプリウスになることがほぼ決まっている(4代目プリウスのハイブリッドシステムが搭載という噂)ようなので、このタイプのハイブリッドは必要ありませんね。

スポンサーリンク

次のRAV4はジュークに対抗?

現在の日産ジュークに直接、対抗する訳ではないのでしょうが次のRAV4はサイズやターボ仕様というところがジュークと似ています。

もちろん、本当に新型RAV4として発売されるのかは未確定ですが現在開発中で発売に向けて準備されている1.2LターボのコンパクトSUVのスペックはジューク的なものとなりそうです。

このタイプはBセグメントともCセグメントとも言えるタイプで日本では余り余り売れていないSUVかもしれません。

ライバル車としてはアクアやデミオといったビッグネームがあり、このサイズでSUVを選択する方は決して多くないのが現状です。

コンパクトSUVは売れないような気がする

世界的にコンパクトSUVが売れているのは分かりますが、日本でコンパクトSUVというと極端に小さくなってしまいます。

そこが中途半端というか、日本でコンパクトSUVが売れない原因なのでは?と思ってしまいます。

海外のコンパクトSUVは日本ではミドル以上になると言えます。

コンパクト、コンパクトと言っても結構広いし決して小型車のことではないということです。

輸入車のコンパクトSUVと言えばアウディQ3やQ5。そしてBMWのX1、WVのティグアンとかその辺りだと思います。

RAV4は小型化より北米仕様でも受け入れられる?

RAV4は現在売れている北米仕様のものでも良かったのではと思わなくはありません。

日本の現行モデルが売れていない原因は大きさではなく、単に型が10年も前のモデルだからだと思います。

RAV4が新しくなったら飛び付くファンは結構いるんじゃないかと予想できます。

ただしその「結構」の数が採算が取れないほどのファンの数だったらやっぱり問題なのでしょうが…。

【→RAV4値引き情報!】

【注意】愛車を下取りに出すと大損!

sg47

あなたは、もしかして販売店に車を売っていませんか?

『下取りしますよ~』と言われてそのまま素直に渡していませんか。
もしそうだとすると大損しています…。

実は販売店の下取りよりも、ネットの車買取査定の方が高く買い取ってもらえることが多いです。

仮にその差が小さくても○万円単位で違う訳ですから大損です。新車を買うならまずはあなたの愛車の値段を調べましょう!

こちらではネットの車買取ランキングを紹介しています。
今、安心して使えるなというサービスです。
お気軽にご利用下さい(*^_^*)

第1位 かんたん車査定ガイド

車買取査定ならかんたん車査定が良かったです。それはすぐに査定額が分かるからです。
こちらの特長は査定を申し込むと完了画面で売却額の概算が出ます。
すぐに下取り額と比較できて良いです。
omo
go11
第2位 カーセンサーnet
car
こちらはカーセンサー。
あのリクルートが運営している車査定サービスです。
参加している車買取業者が多いことがこちらの強み。地方ではカーセンサーが強いです。
go3
第3位 ズバット車買取比較
zbat
第3位はズバット車買取比較。
高額査定が多いという評判が多いのがメリット!
あなたの愛車を高く売りたいなら多く査定するのが近道ですから使って損はありません。
こちらも査定額の概算が出ます!
go2
お勧め記事(一部広告含む)



RAV4
SUVまとめをフォローする
SUV車まとめ

コメント