新型RAV4日本版はどうなる?何故日本では新型が発売されないのか?

日本では売れているとは言い難いRAV4ですが米国ではトヨタの売上を牽引する程の売れ行きで日米の自動車に対する感覚の違いが大きいのだなあと感じられます。

トヨタの北米販売はRAV4が牽引し、前年同月比13.3%増と絶好調!

2015年2月のトヨタの北米販売は、18万467台で、2014年2月から13.3%増と好調なセールスになっています。

「トヨタ」ブランドは12.1%増の15万7472台、「レクサス」は22%増の2万2995台。トヨタで大きく貢献したのが33%増となるRAV4で2万1943台と2月としては最高記録を達成。

Yahoo!ニュースより一部抜粋

ただRAV4の場合は日本では実は昔の3代目のままでかなり古い型になっています。

対して海外ではRAV4は4代目にフルモデルチェンジして、アメリカで売れているという訳なのです。

スポンサーリンク

何故日本ではモデルチェンジされないのか?

rav4

これは簡単に説明すると現行の4代目RAV4の車体の大きさでは売れないので日本では見送られているということになります。

日本市場で求められているのは現行のRAV4よりも一回り小さいコンパクトSUVじゃないの?という話。

北米ではミドルSUVとかコンパクトと思われている可能性が高いRAV4ですが、日本に来ると若干大きいと言えます。

その割に縦に大きなミニバンがかなり売れているのは不思議と言えば不思議なんですが。

次期・新型RAV4はコンパクトSUVで?

まだ決まっていないとは思うのですが、噂では日本で発売される次期RAV4はコンパクトSUVになると言われています。

スペックは現行の2.4Lエンジンからダウンサイジングしてターボ車になる見込み。

RAV4はガソリンターボモデルのコンパクトSUVに。ハイブリッドのコンパクトSUVはおそらくプリウスSUVなんじゃないかという憶測が有ります。

確かにプリウスでもSUVを作るんだという話は前々からあります。いつになるのかはさっぱり分かりませんが…。

現行のRAV4も広くて悪くない

現行のRAV4の良さというのは室内が広いということでしょう。

エンジンも2.4Lで余裕がある走りで、神経質にダウンサイジングされていないところがメリットです。

その分、若干維持費等は余分に掛かるかもしれませんが、車体価格は値引きが大きいことからトータルで見ても割安感があります。

ファミリーカーとして見るなら悪い車ではありません。

ミニバンには乗りたくないんだよな~とお考えの方には割りと良い車です。

【→RAV4値引き情報!】

【注意】愛車を下取りに出すと大損!

sg47

あなたは、もしかして販売店に車を売っていませんか?

『下取りしますよ~』と言われてそのまま素直に渡していませんか。
もしそうだとすると大損しています…。

実は販売店の下取りよりも、ネットの車買取査定の方が高く買い取ってもらえることが多いです。

仮にその差が小さくても○万円単位で違う訳ですから大損です。新車を買うならまずはあなたの愛車の値段を調べましょう!

こちらではネットの車買取ランキングを紹介しています。
今、安心して使えるなというサービスです。
お気軽にご利用下さい(*^_^*)

第1位 ナビクル

車買取査定ならナビクルが良かったです。それはすぐに査定額が分かるからです。
こちらの特長は査定を申し込むと完了画面で売却額の概算が出ます。
すぐに下取り額と比較できて良いです。
omo
第2位 カーセンサーnet
car
こちらはカーセンサー。
あのリクルートが運営している車査定サービスです。
参加している車買取業者が多いことがこちらの強み。地方ではカーセンサーが強いです。
go3
第3位 ズバット車買取比較
zbat
第3位はズバット車買取比較。
高額査定が多いという評判が多いのがメリット!
あなたの愛車を高く売りたいなら多く査定するのが近道ですから使って損はありません。
こちらも査定額の概算が出ます!
go2
お勧め記事(一部広告含む)



RAV4
SUVまとめをフォローする
SUV車まとめ

コメント