2020年8月RAV4が一部改良!車載通信機が全車標準装備になったが

2020年8月RAV4が一部改良されましたね。

【RAV4・2020年8月~モデル※一部改良】

何が改良されたのか?と言えば、

■ディスプレイオーディオとDCM(車載通信機)を全車に標準装備

■インテリジェントクリアランスソナー(※踏み間違い時サポートブレーキ)を全車標準装備

■パノラミックビューモニターをG以上に標準装備、AdventureにOP設定

…ということで比較的に小幅な改良となっている印象です。

装備の標準化などが主で自動車の中身については大きな変更はなかったと言えますね。

スポンサーリンク

2020年8月RAV4一部改良の最大のトピックとは?

ディスプレイオーディオの標準化が最大のトピックと言えそうです。

ディスプレイオーディオとは上記のようなディスプレイ含むシステム全体を指していて”SmartDeviceLink対応のスマホアプリ(TCスマホナビや音楽・ラジオのアプリなど)やApple CarPlay、Android Auto”などでスマホ連携することが可能です。

こちらが全車標準装備となりましたので簡単に言えばRAV4とスマートホンを容易に繋げることが可能になったということです。これによって運転中もハンズフリー通話や音声によって機能の操作をしたりとかなり快適に安全になります。

ディスプレイに関してはXとXハイブリッドが8インチディスプレイ画面、それ以外は9インチ画面となります。

DCMとは何か?

そして更にDCM(車載通信機)も標準装備となりました。

このDCM(車載通信機)とは、Data Communication Moduleの略で自動車専用の通信機になります。DCM(専用通信機)を自動車に搭載すると365日24時間サーバと通信しトヨタの各種サービスを利用できるようになります。

・クルマから離れている時も見守りサービス

・常に道路情報を自動更新できる※DCMパッケージ 、T-Connectスタンダードの場合のみ

・ワンタッチでオペレーターに接続できる(※通話料はかかる)※DCMパッケージ 、T-Connectスタンダードの場合のみ

DCMの問題点?

DCMは通信ができる装備です。毎月の通信料金は無料で良さそうなのですが、DCMの機能をフルで活用するにはT-Connectと契約が必要です。

これが初年度無料で継続・中途契約12,960円/年(税込)が掛かります(※T-Connect DCM単体なら新車から次の車検まで無料です)。

ですから最初に買った年は無料なんでしょうね。でも翌年からお金が掛かる…ということで課題は多いと思いました。無料でコレをやるのは無理だとは思いますが、年間に12,960円を払ってまで運転中にオペレーターと話したいか?レストランの予約とかしたいか?うーんですね。

その他にもサービス区分・料金がありますが結構複雑な内容で理解するのが大変です。参考程度に以下にリンクしておきますね。

T-Connectの利用料金を教えてください | よくある質問 | ご利用いただくには | お申込みについて | T-Connect
<対象プラン>T-Connect DCMパッケージT-Connect DCM単体T-Connect for CROWNT-Connect スタンダード・T-Connect エントリーT-Connect(携帯接続)契約プランの確認方法はこちら(FAQ:1280)T-Connect DCMパッケージ基本利用料は、初年度が無...

自動車会社がサービスを付帯するのは悪くはないが

今回の改良は車両以外でもサービスを提供して利益につなげたいという自動車会社の思惑がある内容だと思われます。

別に悪いことではないのですが現状では自動車に関わる税が多すぎてとてもこういったサビースを付けたいという人は多くはないのではないかと言えますね。

元々DMCはトヨタでも高級車に付いているモノでしたからお金がある方は付けて欲しいなっていうサービスなのかなあって。

【注意】愛車を下取りに出すと大損!

sg47

あなたは、もしかして販売店に車を売っていませんか?

『下取りしますよ~』と言われてそのまま素直に渡していませんか。
もしそうだとすると大損しています…。

実は販売店の下取りよりも、ネットの車買取査定の方が高く買い取ってもらえることが多いです。

仮にその差が小さくても○万円単位で違う訳ですから大損です。新車を買うならまずはあなたの愛車の値段を調べましょう!

こちらではネットの車買取ランキングを紹介しています。
今、安心して使えるなというサービスです。
お気軽にご利用下さい(*^_^*)

第1位 ナビクル

車買取査定ならナビクルが良かったです。それはすぐに査定額が分かるからです。
こちらの特長は査定を申し込むと完了画面で売却額の概算が出ます。
すぐに下取り額と比較できて良いです。
omo
第2位 カーセンサーnet
car
こちらはカーセンサー。
あのリクルートが運営している車査定サービスです。
参加している車買取業者が多いことがこちらの強み。地方ではカーセンサーが強いです。
go3
第3位 ズバット車買取比較
zbat
第3位はズバット車買取比較。
高額査定が多いという評判が多いのがメリット!
あなたの愛車を高く売りたいなら多く査定するのが近道ですから使って損はありません。
こちらも査定額の概算が出ます!
go2
お勧め記事(一部広告含む)



RAV4
SUVまとめをフォローする
SUV車まとめ

コメント