新型RAV4のグレードは何が違うのか?日本仕様のグレード内容とオプションとは?

2019年の最注目車種の新型RAV4特集です。

まだ発表にはなっていないのですが日本仕様のグレード構成の詳細が判明しています。

どのグレードを買ったら良いのか?迷うところもありますのでよく考えていきましょう。

まずエンジンは2.0Lガソリン車(CVT)と2.5Lハイブリッド車に分かれます。

また外観の違うアドベンチャーは2.0Lガソリン車の4WDのみの1グレード限定になっています。

この外観の方がアドベンチャーです(ワイルド系)

スポンサーリンク

新型RAV4のグレードは何が違うのか?

まずは当たり前ですが価格が違います。

2.5Lハイブリッド車
グレード エンジン 駆動 TM 車体価格
HYBRID X 2.5L HV FF CVT ¥3,202,200
HYBRID X 2.5L HV 4WD CVT ¥3,450,600
HYBRID G 2.5L HV 4WD CVT ¥3,817,800
2.0Lガソリン車
グレード エンジン 駆動 TM 車体価格
X 2.0L FF CVT ¥2,608,200
X 2.0L 4WD CVT ¥2,835,000
G 2.0L 4WD CVT ¥3,202,200
G “Z package” 2.0L 4WD CVT ¥3,348,000
Adventure 2.0L 4WD CVT ¥3,137,400

車両本体価格は260万~380万円程度となっています。意外と安い?気がしますね。

ただオプションを載せていくと総額では結構なお値段になるので(※X・4WDでも400万円近い見積もり)、正直安いなとは思いませんでした。。オプションをほとんど選択しないで買えば安いなと思えますがそうもいかない感じですね。。

安全装備は標準なのでOPをほとんど無しでも大丈夫と言えば大丈夫なのですが。

それぞれのグレードの詳細について

X(FF/4WD)

■エントリーモデルだがRAV4では唯一、FF車を選択できる(ガソリン/HV車)

■17インチアルミホイール

■電動ムーンルーフ※OP 108,000円

■4.2インチインフォメーションディスプレイ

■ダイナミックトルクコントロール4WD

など

エントリーモデルとは言え装備は多く必要十分なモデルです。

G(4WD)

■Gは上級グレード、ガソリン車、HVともに4WDのみ

■18インチアルミホイール

■7.0インチTFTカラーマルチインフォメーションディスプレイ

■運転席8ウェイパワーシート

■ブラインドスポットモニター

■バックカメラ

■パノラマムーンルーフ※OP 140,400円

■ダイナミックトルクコントロール4WD

Gは上級仕様だけに上級の装備が付きます。Xと何が違うのか?と言えば上質な内外装の装備+バックカメラなどの安全装備も標準装備です。プラスアルファの安全装備はXではOPになります。

G Zパッケージ(4WD)

■キック式パワーバックドア

■ダウンヒルアシストコントロール

■電子ルームミラー

■マルチテレインセレクトスイッチ

■19インチアルミホイール

■パノラマムーンルーフ※OP 140,400円

G Zパッケージはガソリン車のみの最上級グレードです。

Gとの違いはダイナミックトルクベクタリングAWD(走破性が高い)を装備していることやその他にも多くの違いがあります。

主に走破性が高まる装備が多くオフローダー寄りの最上級グレードでトヨタにしては珍しいです。

アドベンチャー(4WD)

アドベンチャーは他のグレードと外観が違います。ランクルを彷彿とさせるトヨタらしいオフローダーのイメージです。

■ダイナミックトルクベクタリングAWD(走破性が高い)

■パノラマムーンルーフ※OP 140400円

■19インチアルミホイール

■シートベンチレーション&ステアリングヒーター(+本革巻ステアリング&本革巻シフトノブ)※OP 79920円、アドベンチャーだけに装備可能

■ダウンヒルアシストコントロール

■マルチテレインセレクトスイッチ

アドベンチャーはガソリン車のみです。装備も豊富で走破性が高いAWDで見た目も一番特徴的ですね。価格も313万円程度で一番お得なグレードかもしれません。

デフォルトではウレタンステアリングなのが不満ですがシートベンチレーション&ステアリングヒーターのメーカーオプションに本革巻きステアリングがセットになっていて、お得にすら思えるオプション内容になっているのは商売上手ですね(^_^;)。

新型RAV4はどのグレードが良い?

新型RAV4の日本仕様はガソリン車が2.0LのCVTなのでそこが許容できるならやはりアドベンチャーが最も魅力的でしょう。

前述にもあるように走破性が高いダイナミックトルクベクタリングAWDが標準装備で前席シートベンチレーション(※LEXUS等の上級モデルに装備されるシートの冷暖房)が唯一OPで付けられる仕様となっています。

ハイブリッドに関しては相変わらず高額な車種です。ハイブリッドXの4WD(¥3,450,600)でもガソリン車の最上級グレードであるG Zパッケージ(¥3,348,000)よりも高いので燃費が多少良いからと言ってもどうかなと考えてしまいますね。

ですからグレードを総覧してみるとアドベンチャーの¥3,137,400という価格も安いなと感じられます。

【注意】愛車を下取りに出すと大損!

sg47

あなたは、もしかして販売店に車を売っていませんか?

『下取りしますよ~』と言われてそのまま素直に渡していませんか。
もしそうだとすると大損しています…。

実は販売店の下取りよりも、ネットの車買取査定の方が高く買い取ってもらえることが多いです。

仮にその差が小さくても○万円単位で違う訳ですから大損です。新車を買うならまずはあなたの愛車の値段を調べましょう!

こちらではネットの車買取ランキングを紹介しています。
今、安心して使えるなというサービスです。
お気軽にご利用下さい(*^_^*)

第1位 かんたん車査定ガイド

車買取査定ならかんたん車査定が良かったです。それはすぐに査定額が分かるからです。
こちらの特長は査定を申し込むと完了画面で売却額の概算が出ます。
すぐに下取り額と比較できて良いです。
omo
go11
第2位 カーセンサーnet
car
こちらはカーセンサー。
あのリクルートが運営している車査定サービスです。
参加している車買取業者が多いことがこちらの強み。地方ではカーセンサーが強いです。
go3
第3位 ズバット車買取比較
zbat
第3位はズバット車買取比較。
高額査定が多いという評判が多いのがメリット!
あなたの愛車を高く売りたいなら多く査定するのが近道ですから使って損はありません。
こちらも査定額の概算が出ます!
go2
お勧め記事(一部広告含む)



RAV4
SUVまとめをフォローする
SUV車まとめ

コメント