2017年のトヨタハリアーのマイナーチェンジは何が変わったのか?

満を持してトヨタハリアーのマイナーチェンジが2017年6月に行われました。

マイナーチェンジ直前でも売れていた車種ですから、売れなくて販売促進のためだけにマイナーチェンジされた訳ではないので内容がしっかりとしている印象ですね。

今回はターボ車が加わりこれが最も大きな目玉でハイブリッド以上の差別化があってトヨタとしては一押ししたいグレードがターボ車なんだなということが伝わってきます。

スポンサーリンク

2017年6月ハリアーのマイナーチェンジは何が変わったのか?

一口に説明するのは難しいので順番に説明をしていきたいと思います。

まず最も大きな変更点と概要は以下の通りです。

■ターボ車が加わった

価格は¥3,380,400~¥4,574,880(ちょい高だ)

■GROUNDが廃止になり、PROGRESSが追加

GROUNDとはマイナーチェンジ前の廉価版グレードです、これが廃止。その代わりにPROGRESSが追加に。PROGRESSは最上級グレードとなります。

■トヨタセーフティセンスPが全車標準装備

■電動パーキングブレーキが全車標準装備

これが最も大きなトッピクスになります。

個人的にはトヨタの最上級の安全装備であるトヨタセーフティセンスPが全車に付いたのは大きなことだと思いました。最近の流れとしては当然のことかもしれませんが。マイナーチェンジ前のモデルはこのパッケージは付いていません。自動ブレーキ等はあるのですが全車速追従クルーズコントロールは付いていませんね。

外観は何が変わったのか?

LEDシーケンシャルターンランプ

外観についてはPREMIUM以上でLEDシーケンシャルターンランプが付いています。

トヨタハリアー公式より

これは何が良いのか?と言えばレクサスにもある流れるウィンカーです。矢印の方向に点滅していって光が流れていっているように見えるんですね。ネット上でも見られますが、C-HRにも付いていますので見かけたら実際に見てみて下さい。

これは一番下のグレードのELEGANCE以外に標準装備となります。そしてターボ車は全車標準装備でELEGANCEにも付いています。ここでもターボ車が差別化されていますね。

3眼LEDヘッドライト?

PREMIUM以上は3眼LEDヘッドライト?なのかなと思いました。明確にはそう言ってませんがそう見えます。

ELEGANCEのヘッドライト

※Clickすると拡大

 

PREMIUM、PROGRESSのヘッドライト

※ガソリン車とハイブリッド車

メッキ加飾

 

ターボ車のヘッドライト

スモークメッキ加飾

いかがでしょうか?こういった見た目の違いがあります。

LEDデイライト

赤丸の部分が光っていますがここがLEDで昼間でも光っている、だからLEDデイライトなのかなと思われます。

こちらはガソリン車とハイブリッド車のELEGANCE以外に標準装備となっています。

ターボ車は例によって全車標準装備です。

また上の画像のハリアーのフロントグリルがこれまでと違うメッシュ(アミアミ)になっていますよね。こちらはターボ車専用のフロントグリルとなっています。

 アルミホイール

アルミホイールに関してはELEGANCEとそれ以外では変わっておりません。

ELEGANCE

いつも通りのやつで、やや不満なデザインです。

PREMIUM、PROGRESS共通

高いだけあって上級グレードのホイールはカッコ良いです。

ターボ車専用共通

ターボ車はELEGANCE、PREMIUM、PROGRESS全て同じホイールになります。

うん、スバルっぽいです。

内装は何が変わったのか?

9型ナビ

ナビが8型から9.2型の大画面へ

9.2型はデカすぎだろというところはありますが、とても見やすいでしょう。大は小を兼ねます。

ただ高いですから安いものも選べます。

ハリアー選べるカーナビはこちら

ウルトラスエード

ターボ車だけですがウルトラスエードという素材のシートになります。この辺も新しいターボ車は差別化されています。

カードキー

内装ではないですが新しい装備です。

こちらもPREMIUM以上からですがカードキーが付きます。

こちらはカードタイプの鍵(キー)で財布に入れて持ち歩くことが可能です。ただキーなのでちょっと厚め。これまでのトヨタ系のカードキーですと2mm程度あって大きさはクレジットカード程度ということです。ちょっと厚めなので二つ折り財布に入れてお尻に財布を入れる場合はどうかなという感じでしょう。

カードキーについてはかさばらず使い勝手が良いという方もいれば、財布が分厚くなってしまうので使わないという方もいらっしゃるようです。これは意見が分かれますが、カードキーは便利と言えば便利でしょう。見た目もスマートです。

“Metal and Leather Package”とは?

今回新たに“Metal and Leather Package”というグレードが追加になっています。

こちらはPREMIUMとPROGRESSにプラスして選べるものなのですが簡単に説明するとシートが本皮仕様のグレードとなります。シフトパネルやドアスイッチ周りのデザインも違うのですが本皮仕様というのが一番の違いですかね。

尚、価格差についてはガソリン車とハイブリッド車では349,920円の違い

ターボ車では330,480円の違いになります。

30万円ちょっとの違いですから他の車種と同程度かなと言えます。

マイナーチェンジ後のおすすめグレードは何?

マイナーチェンジ後のおすすめのグレードは意外や意外、ターボ車のELEGANCE(FF)です。

当初はターボ車か…、どうせ高いだけでしょ?とか思ったのですが一番下のELEGANCEでもヘッドライトがスモーク調メッキ加飾で流れるウィンカーであるLEDシーケンシャルターンランプが付いていたり、ELEGANCEの弱点であるホイールの見た目もターボ車ならば全車同じで内容的に不満がありません。

しかもエンジンは直噴ターボで、普通の2.0Lエンジンから比較するとかなり安心感が持てますね。重めのSUVなのに2.0Lエンジンの普通ガソリン車はちょっと不満に感じる方もいらっしゃるでしょう。

別にターボ車でなくても良いだろと思っている派の自分でも価格差を考えるとターボ車のELEGANCE(FF)が魅力的に思えます。

■普通ガソリン車のPREMIUM(FF)…¥3,249,720

■ターボ車のELEGANCE(FF)…¥3,380,400

マイチェン後のハリアーグレード一覧

ガソリン車のPREMIUMより約10万程高いのですがエンジン性能を考慮するとターボ車もありかなと思えます。

問題は燃費ですがJC08モード燃費で言うと

ガソリン車2.0L(FF)は16.0km/L、ターボ車(FF)は13.0km/Lとそんなに変わらない感じですね。

ただ実燃費が10km/L以下になると思われますのでその点は注意です。

【注意】愛車を下取りに出すと大損!

sg47

あなたは、もしかして販売店に車を売っていませんか?

『下取りしますよ~』と言われてそのまま素直に渡していませんか。
もしそうだとすると大損しています…。

実は販売店の下取りよりも、ネットの車買取査定の方が高く買い取ってもらえることが多いです。

仮にその差が小さくても○万円単位で違う訳ですから大損です。新車を買うならまずはあなたの愛車の値段を調べましょう!

こちらではネットの車買取ランキングを紹介しています。
今、安心して使えるなというサービスです。
お気軽にご利用下さい(*^_^*)

第1位 ナビクル

車買取査定ならナビクルが良かったです。それはすぐに査定額が分かるからです。
こちらの特長は査定を申し込むと完了画面で売却額の概算が出ます。
すぐに下取り額と比較できて良いです。
omo
第2位 カーセンサーnet
car
こちらはカーセンサー。
あのリクルートが運営している車査定サービスです。
参加している車買取業者が多いことがこちらの強み。地方ではカーセンサーが強いです。
go3
第3位 ズバット車買取比較
zbat
第3位はズバット車買取比較。
高額査定が多いという評判が多いのがメリット!
あなたの愛車を高く売りたいなら多く査定するのが近道ですから使って損はありません。
こちらも査定額の概算が出ます!
go2
お勧め記事(一部広告含む)



ハリアー
SUVまとめをフォローする
SUV車まとめ

コメント