XVが2019年の年次改良で2.0L車を廃止!※どうしたスバル!?

XVが2019年の年次改良を行います。

今回の年次改良はXV自体では2回目なのでC型となるのですが、ただインプレッサベースで考えるとD型となります。(おそらく)アプライトモデルの番号はDだと思われるので正式にはこのXVもD型で良いのでしょう…。

ややこしいのですがXVは3代目モデルはA型がなくB型スタートです。

この話が気になる方は以下より

新型スバルXVにはなぜA型がないのか?※初代からB型なのはなぜ?
スバル車はA型~E型というように年次改良ごとにバージョンが進んでいきます。 最近では大体がE型前後まで行くとフルモデルチェンジというサイクルになっています。ただフルモデルチェンジしないまま販売を継続する場合は最後はZ型まで行くと思われ...

さてインプレッサは2019年の年次改良によって外観が大幅に変わってしまってビッグマイナーチェンジとなりました。

XVは外観が変わらなかったのですが、何と2.0Lガソリンモデルが廃止になりました…。

スポンサーリンク

2.0L廃止!どうしたスバル!?

スバルにハイブリッド車のイメージは全くありませんがこのXVだけはマイルドハイブリッド推しになっているようです。

普通のガソリン車は1.6Lだけ残して2.0Lは全てマイルドハイブリッドにしてしまうという英断??が今回の年次改良で行われました。

ただXVのマイルドハイブリッド車のWLTCモード燃費は15.0km/Lとハイブリッド車と言っている割には燃費性は奮いません。

この辺は当然ユーザーの方は分かっていることでしょうが、ただこの改良自体は本当に望まれたグレード改良だったのかな…?というのことは気がかりです。

マイルドハイブリッド車はエンジン自体は通常の2.0Lと同じエンジンですし、ただ単にモーターを掛け合わせたという内容になっているのでハッキリ言えば微妙ですね。

2.0Lハイブリッドの価格は15万円高

気になる価格は2.0L→2.0Lハイブリッドになった結果15万円~17万円程度の価格上昇です。

マイルドハイブリッド車はAdvanceという最上級グレードだけだったので旧グレードでは¥2,829,600というやや高いグレードしかありませんでした。

そこで今回からはそんなに高くないグレードでマイルドハイブリッド車を買えることになったと言えるかもしれません。

しかしながら最も安いマイルドハイブリッド車でも

2.0e-L EyeSight・・・¥2,651,000

ということで「高くね??」という結果になったと思われます(無念)。

XV・グレード・燃費・価格まとめ
XV →公式HP 【メーカー】スバル 【タイプ】コンパクトSUV 【価格帯】213万~282万円 【燃費】16.0~19.2km/L .su-tabs.my-custom-tabs { background...

またそもそも最上級グレードのAdvanceも10万円価格が上がっていることから装備がプラスとなったので価格が上がったんだと捉えるのが正解かもしれませんね。

何が変わった年次改良?

今回の年次改良によってその他のスバル車と同様に基本的な安全装備やXモードを最新の装備に切り替えてきたという内容になっています。

・アイサイトツーリングアシスト

※0km/h〜約120km/hの幅広い車速域*1で、アクセル、ブレーキ、ステアリング操作をアシスト。区画線と先行車の両方を認識することで、渋滞から高速巡航まで、さまざまなシーンで運転負荷を大幅に軽減します。

・X-MODE(2つのモードに)

SNOW・DIRT(従来型のXモード)とDEEP SNOW・MUD(Xモード+トラクションコントロールをオフ)の2つ。ダイヤル式になりNORMALモードは通常走行。

まあこの辺りは上位車種のフォレスターに準じた改良内容だと言えますね。

スバルの最新装備が載って10万円高みたいな感じですから、2.0L車の普通のハイブリッド車は割安と言えるかもしれません。ハイブリッド化自体の値上げは5万~7万円程度に収まった感じです。

燃費が悪くて苦戦するスバル

今回の年次改良の内容は従来のスバルらしくありません。

「全車4WDで燃費性は追求しない、走りや悪路走破性能が大事」というのがスバルらしさなのですが燃費重視・ハイブリッド志向という世の中に迎合した内容になっています。

確かにライバル車であるトヨタC-HRやホンダヴェゼルにはハイブリッドがあって大人気です。だからスバルXVもそこに寄せて行ったのでしょうが、そもそもXVでは燃費性で勝負になりませんよね。

XVの割にお値段がマイルドハイブリッドになって結構なものになってしまい購入者にとっては厳しいなといったところです。それなら1.6L買えば?という話なんでしょうが、SUVで1.6Lは物足りないよなと思うのもユーザーの本音です。

【注意】愛車を下取りに出すと大損!

sg47

あなたは、もしかして販売店に車を売っていませんか?

『下取りしますよ~』と言われてそのまま素直に渡していませんか。
もしそうだとすると大損しています…。

実は販売店の下取りよりも、ネットの車買取査定の方が高く買い取ってもらえることが多いです。

仮にその差が小さくても○万円単位で違う訳ですから大損です。新車を買うならまずはあなたの愛車の値段を調べましょう!

こちらではネットの車買取ランキングを紹介しています。
今、安心して使えるなというサービスです。
お気軽にご利用下さい(*^_^*)

第1位 かんたん車査定ガイド

車買取査定ならかんたん車査定が良かったです。それはすぐに査定額が分かるからです。
こちらの特長は査定を申し込むと完了画面で売却額の概算が出ます。
すぐに下取り額と比較できて良いです。
omo
go11
第2位 カーセンサーnet
car
こちらはカーセンサー。
あのリクルートが運営している車査定サービスです。
参加している車買取業者が多いことがこちらの強み。地方ではカーセンサーが強いです。
go3
第3位 ズバット車買取比較
zbat
第3位はズバット車買取比較。
高額査定が多いという評判が多いのがメリット!
あなたの愛車を高く売りたいなら多く査定するのが近道ですから使って損はありません。
こちらも査定額の概算が出ます!
go2
お勧め記事(一部広告含む)



XV
SUVまとめをフォローする
SUV車まとめ

コメント