新型スバルXVはどのグレードを買ったら良いのか?【3代目XVベストグレード】

新型スバルXVのグレード選びについてです。

こちらは購入する視点で調べてみました。

当サイトは特にスバルと何か関係がある訳もなく(笑)普通に購入者視点であるということがこの記事を読むメリットでしょう。巷にはメーカー側に立った記事が多いかもしれませんからね!?

スポンサーリンク

XVのグレード選びは非常に難しい

まず購入される方がこのXVに何を求めているのか?またどらくらいの予算なのか?ということでも結構違ってくると言えます。従って一概に何が良いと言うのは難しいですが、まずは4つのグレードを見ていきましょう。

価格グレード一覧はこちらでも

1.6i EyeSight

価格:¥2,138,400

エントリーモデルでエンジンが1.6L、装備も必要最小限となっています。

ただし,

■安全装備であるEyeSight3(クルーズコントロール、自動ブレーキ等)

■サイド・カーテンエアバッグ類、歩行者エアバック

■タイヤは17インチでアルミホイール付き

…ということで一通りのモノが揃っており、素でも十分過ぎる内容です。

外観的には2.0i-Lと一緒なのでパッと見でもエントリーモデルだからと言って劣りません。

デメリットXモードが付いていないことやマルチファンクションディスプレイがありません。

1.6i-L EyeSight

価格:¥2,246,400

エントリーモデルの1.6iと何が違うのか?まず価格差が10万8千円となっています。

基本的な部分であるエンジンやブレーキやサスなど1.6iと全く一緒になります。外観上の違いも特にありません。

違う部分は装備だけです。

【プラスされる主な装備】

■Xモード

■マルチファンクションディスプレイ

■パドルシフト

■USB電源

■リヤシートアームレスト。

ちなみにマルチファンクションディスプレイとは赤丸の画面。こちらが1.6iはアニメーション的な映像ではなくなるという感じです。文字だけで情報をお知らせします。

またキーレスアクセス&プッシュスタートは1.6i-Lがオプション装備(25,920円)、1.6iはオプションで付けられません。

10万8千円の違いですが、主にこれだけの装備の違いがあります。

10万円以上の装備の差はあるかなと思いますね。

ただ実際に購入する場合には最も大きな違いはXモードやマルチファンクションディスプレイではない気がします。それでは何かと言えばキーレスアクセス&プッシュスタートになると思います。キーレスアクセス&プッシュスタートとはご存じの方も多いでしょうが

「アクセスキーを携帯して運転席か助手席のドアハンドル内側に触れるだけで解錠、ドアハンドルのセンサーに触れるだけで施錠できます。エンジン始動も、ブレーキペダルを踏みながらプッシュエンジンスイッチを押すだけで行えます」(スバルHPより

というものです。

やはりプッシュスタートの方が今風ですし施錠も楽で一番使用するものになるでしょう。ちなみに2.0L車は標準装備ですが1.6i-Lはオプション装備(25,920円)になります。標準装備にしたら良かったのになと思います。

尚、Xモードはほとんど普段使わない機能でしょう。舗装道路上で使う場面があるのかと言われれば…。

1.6iか1.6i-Lか?

正直基本的な性能は一切変わりがありません。エンジンスペックも同じで燃費もほぼ同様。

装備だけが違います。10万円違うとXモード、マルチファンクションディスプレイ、パドルシフトなど大きな主要装備がついてくるということで魅力的なのは確かです。ただこれらって使う場面があるのか?と言われるとどうかなと思いますね。パドルシフトは最初だけで最終的には使わない方が圧倒的でしょう。マルチファンクションディスプレイは上の画面ですが、これはアニメーションで分かりやすい情報が出てくるので見た目的には欲しいなと思う方は多そうです。USB電源は便利でしょう。

先にも申し上げましたが、最も大きな違いはキーレスアクセス&プッシュスタートがオプションで付けられるか否かだと個人的に思います。他は「実用的に思えるがそんなに使わない装備」とシビアに見た方が現実的だと思います。

以上を踏まえますと1.6L車を選ぶなら素の1.6iも有りです。

ただ一方で実際買うとなればやっぱりXモードも付いていて、キーレスアクセス&プッシュスタートも付けたいなとなるのは人情ですから10万高とは言え購入者が多いのは1.6i-Lだと考えられます。買いたいのは1.6i-Lで間違いありません。

ちなみにヘッドライトは両方ともハロゲンタイプでLEDタイプはオプション装備(1.6iだと102,600円、1.6i-Lだと64,800円となっています※LEDヘッドランプ&ステアリング連動ヘッドランプのセット)となります。

価格が違うのはセット内容の縛りが違うからです。1.6iは余計な物も付けないといけない設定にHP上の見積もりではなっています。

【続いては2リッター車↓】

2.0i-L EyeSight

価格:¥2,484,000

1.6i-Lとの価格差は237,600円となります。結構違いますね!?

まずエンジンが2.0L直噴エンジンとなって動力が安定する・強力になります。ただ普通に走る場合には1.6Lでも特に不足はないということです。燃費についてはほぼ変わらず16km/L程度(JC08モード燃費)なので1.6L車と差が無いと考えて良いです。

【1.6i-Lとの装備の違い】

1.6i-Lとの違いはエンジンと装備にあります。

■キーレスアクセス&プッシュスタート標準装備、内装がオレンジステッチ入り、本革巻ステアリング・セレクトレバー、LEDターンライト式ドアミラー、フロント4+リア2の6スピーカー(1.6車はフロント2+リア2)

■フロントグリルがクロムメッキに

■SI-DRIVE(2.0車にはドライブモード切り替えがある※ただし余り使わないと思われる笑)

1.6i-Lか2.0i-Lか?

正直、1.6i-Lか2.0i-Lかは悩ましいです。

まず見た目は全く変わりません。唯一フロントグリルがシルバー塗装からクロムメッキになるということですが筆者にはその違いが分かりません笑。その他の仕様、アルミホイールやヘッドライト等の目立った部分は1.6L車と全く同じ仕様となります。違いはエンジンだけ。

内装についてはオレンジステッチが付いて一目瞭然の違いとなるもののオレンジステッチがあると高級感があるという程でもないと感じられます。ただステッチがないと殺風景な内装でオレンジステッチの2.0L車の方が見栄えが良いのは確かです。

税金面については1.6Lと2.0Lでは自動車税が同じ区分となり「同じ税金を払うのであれば2.0Lの方が良い」のは間違いないでしょう。燃費もほぼ変わりませんし車体価格は上がりますが満足感は2.0Lの勝利となります。

装備や上質感で迷う場合は実際は余り変わらないので1.6i-Lで問題ないです。

2.0i-Lを選ぶ理由というのはほぼエンジン性能です。ここは試乗できれば確認したい部分。筆者的には2.0Lがやっぱり動力的に欲しいです。この車格であれば十分なエンジンスペックでしょう。スバルの1.6Lエンジンは過去に乗っていた時期がありますが、動力性能は高くはなかったですね、普通でした。このXVの1.6Lエンジンはまた違うかもしれません試乗してみて下さい。

2.0i-S EyeSight

価格:¥2,678,400

2.0i-Sは最上級グレードです。乗り出し価格はほぼ300万円を超えるモデルになります。実際の総額支払いは320~350万円くらいまでいくでしょう。

2.0i-Lとの価格差は194,400円となります。

1.6i-Lとの価格差は432,000円となります。デカイ

【2.0i-Lとの装備の違い】

■タイヤが18インチ、アルミホイールが手裏剣デザインに

■ヘッドライトがLED標準装備

■クリアービューパック標準装備

■8ウェイパワーシート(運転席・助手席)

■アルミペダル

■光輝ウィンドウモール

最も大きな違いはやはりタイヤのインチが変わるということ。そしてアルミホイールが手裏剣みたいなデザインになります。2.0i-Sは特別仕様と言っても過言ではありません。

またLEDヘッドライトがやっと標準装備になります。他のグレードはオプション装備で1.6iだと102,600円、1.6i-Lだと64,800円、2.0i-Lだと86,400円程度掛かります。グレード毎に違うのはメーカーオプションのセット内容が違うためでSUBARU公式の見積もりではこういった価格設定になっています。

この2点が最も大きな違いかなと思えるところです。最上級グレードの2.0i-Sは走りがスポーティーなところが売りとなっています。ただ劇的に最上級グレードだな!と思える部分がそれ程無いなと思ってしまうのがネックですかね。

ただクリアービューパックが標準装備でこれは主に雪国の人には良さそうかなと思える装備です。ヒーテッドドアミラーというものが付いていて、ドアミラーの曇りや雨粒・雪を蒸発させ視認性を上げます。またフロントワイパーデアイサーはワイパー付近の窓を熱線で温めます。ただ冬が厳しくないという地域では不要と思われます。「付いているのを知らなかった」とか「操作方法が分からん」という人もいるくらいです…。

2.0i-Lか2.0i-Sか?

これも難しい話ですね。タイヤが18インチが良いという方は正直マレでしょう…。

LEDヘッドライトにこだわりがあるという方は多そうですがこれもオプションで付けられますし、2.0i-Sでないと駄目な理由が見つけづらいです。

最上級グレードでもまだルーフレールがオプション仕様ですし(ここは要らないという人もいるのでしょうがないですが※5万円ちょっとします)、推奨ナビは25万円もしますし、出来れば車体価格を抑えたいなと思ってしまう方は多いと思います。

予算に余裕があるという方以外は2.0i-Lで良いのではないかと個人的には思いました。

結論:どのグレードが良いのか?ベストグレードは?

結論としてはベストグレードは2.0i-Lです。

自分なら2.0i-Lを買いたいです。2.0Lエンジンは余裕があってずっと乗るなら気持ち良いと思います。SUVですし動力性能は大きい方が良いですよね、税制も変わらないですし。

ただし予算は300万円超です・汗。

これはXVにしてはちょっと高いなと思います。

2.0i-Lでは予算オーバーということであれば1.6L車でも十分でしょう。

エントリーモデルの1.6iでも安全機能・4駆性能はコンパクトSUVの中ではトップクラスです。

そのままでも悪路や雪道に対応できクルコンや自動ブレーキが標準装備です。他車種より基本性能が高いので「足が欲しい方」には1.6iです。Xモードはハッキリ言ってドハマリしない限りは必要ないのでそれ程重要視する機能ではないですが、装備が寂しい場合は10万円足して1.6i-Lも悪くありません。

最上級グレードに関しては「LEDヘッドライトは外せない」、そして「クリアービューパックが欲しい」、更に「タイヤは18インチの方が走りも良さそう+アルミホイールの見た目も良く魅力的に感じる」という方に良いと思います。その他にも上質な装備がプラスされていて、2.0i-Lとの価格差である194,400円以上の価値はあると思います。

超長くなってしまったので、以上にします。ありがとうございましたm(_ _)m

【注意】愛車を下取りに出すと大損!

sg47

あなたは、もしかして販売店に車を売っていませんか?

『下取りしますよ~』と言われてそのまま素直に渡していませんか。
もしそうだとすると大損しています…。

実は販売店の下取りよりも、ネットの車買取査定の方が高く買い取ってもらえることが多いです。

仮にその差が小さくても○万円単位で違う訳ですから大損です。新車を買うならまずはあなたの愛車の値段を調べましょう!

こちらではネットの車買取ランキングを紹介しています。
今、安心して使えるなというサービスです。
お気軽にご利用下さい(*^_^*)

第1位 かんたん車査定ガイド

車買取査定ならかんたん車査定が良かったです。それはすぐに査定額が分かるからです。
こちらの特長は査定を申し込むと完了画面で売却額の概算が出ます。
すぐに下取り額と比較できて良いです。
omo
go11
第2位 カーセンサーnet
car
こちらはカーセンサー。
あのリクルートが運営している車査定サービスです。
参加している車買取業者が多いことがこちらの強み。地方ではカーセンサーが強いです。
go3
第3位 ズバット車買取比較
zbat
第3位はズバット車買取比較。
高額査定が多いという評判が多いのがメリット!
あなたの愛車を高く売りたいなら多く査定するのが近道ですから使って損はありません。
こちらも査定額の概算が出ます!
go2
お勧め記事(一部広告含む)



XV
SUVまとめをフォローする
SUV車まとめ

コメント