SUBARU ASCENT(アセント)は日本で発売されるのか?

VIZIV-7改め「SUBARU ASCENT(アセント)」になった3列7人乗りの大型SUVのコンセプトモデルが出ましたね。

より市販型に近くなったモデルが今回のアセントだと思います。見た目は堂々たるものでカッコイイSUVだなと思いますね。ランクルを超えるサイズ感で人気モデルになるのではないかと感じます。

さてこちらは日本でも発売されるのか…?

スポンサーリンク

日本発売は無い、間違いなく…


さてこの3列7シーターの巨大SUVアセントですが、こちらは日本では発売されないでしょう。

こちらは海外専売モデルで例えばマツダのCX-9(3列7シーター)と同じように主に北米向けの車種となると考えられます。

全長5050×全幅1990×全高1840mmですからね(^_^;)

こんなのが向こうから来たら行き交う事ができない場面も出てくるんじゃないのかと。

ちなみに日本の道路の横幅の制限は2.5mまでOKということですから、輸入してこのアセントを日本で乗ることは可能でしょう。ただし左ハンドルになりますので不便です。

アセントは次期型フォレスターの兄貴分

アセントは日本には来ないんですが、注目すべきはその外観に有りだと思います。

こちらは元々、「VIZIV-7」という名前で次期型フォレスターのコンセプトモデルのVIZIVの7シーター版なのですね。ですから今回のアセントは次期型フォレスターの7人乗りバージョンと捉えるのが自然でしょう。

外観は次期型フォレスターの予想CGとアセントは似ています。次のフォレスターの外観はどうなるのか?と気になる方も多いでしょうが、アセントと似たようなものになると考えられます。

フロントマスクはフォレスターもこういう感じなるという話もあり、一回り小さいアセントがフォレスターという感じなんでしょう、多分。

↓次のフォレスターってこんな感じだよ、と言われても不思議ではありません↓

※ASCENT コンセプトモデル

尚、次期型フォレスターは2018年夏以降に発売される見込みです。まだまだ遠いので当面はスバルのSUVならXVが購入第一候補でしょう。

【注意】愛車を下取りに出すと大損!

sg47

あなたは、もしかして販売店に車を売っていませんか?

『下取りしますよ~』と言われてそのまま素直に渡していませんか。
もしそうだとすると大損しています…。

実は販売店の下取りよりも、ネットの車買取査定の方が高く買い取ってもらえることが多いです。

仮にその差が小さくても○万円単位で違う訳ですから大損です。新車を買うならまずはあなたの愛車の値段を調べましょう!

こちらではネットの車買取ランキングを紹介しています。
今、安心して使えるなというサービスです。
お気軽にご利用下さい(*^_^*)

第1位 かんたん車査定ガイド

車買取査定ならかんたん車査定が良かったです。それはすぐに査定額が分かるからです。
こちらの特長は査定を申し込むと完了画面で売却額の概算が出ます。
すぐに下取り額と比較できて良いです。
omo
go11
第2位 カーセンサーnet
car
こちらはカーセンサー。
あのリクルートが運営している車査定サービスです。
参加している車買取業者が多いことがこちらの強み。地方ではカーセンサーが強いです。
go3
第3位 ズバット車買取比較
zbat
第3位はズバット車買取比較。
高額査定が多いという評判が多いのがメリット!
あなたの愛車を高く売りたいなら多く査定するのが近道ですから使って損はありません。
こちらも査定額の概算が出ます!
go2
お勧め記事(一部広告含む)



スバル
SUVまとめをフォローする
SUV車まとめ

コメント