【価格情報等】新型フォレスター(5代目)ってどうなの?※買って良いのか迷う…!?

ついに新型フォレスターが発表されましたね。

グレード構成も公式HPで発表されていて、2.5Lモデルが3種類、2.0Lマイルドハイブリッドが1種類の4グレード構成となっています。

表にすると以下のような感じ。

※価格については参考価格です。正式発表はまだです。大体こんな感じと受け止めてほしいです。

【新型フォレスター価格情報】

グレード エンジン 駆動 燃費 車体価格
Touring 2.5L AWD 14.6 ¥2,808,000
Premium 2.5L AWD 14.6 ¥3,024,000
X-BREAK 2.5L AWD 14.6 ¥2,916,000
Advance 2.0L+モーター AWD 18.6 ¥3,099,600
全長×全幅×全高
4,625×1,815×1,730mm

一番下のAdvanceというグレードがマイルドハイブリッドです。燃費が1つだけ若干良いですよね。

まあAWDな上にスバル製のハイブリッドなので燃費性に関してはトヨタと比較するべきではないでしょう…。

スポンサーリンク

新型フォレスター(5代目)ってどうなの?

やっぱり気になるのが、「ぶっちゃけ新型フォレスター(5代目)ってどうなの?」ということではないでしょうか?

すでに言われているように見た目がほとんど変わっていないですし、これまでよりボディーが拡大されたのは日本的にはマイナス評価が多い感じです。

更に言えばガソリンモデルが2.5Lとなってしまった。ここは税制面でやや不利です。ターボは喜ぶ人がいても、排気量が増えて喜ぶ人は余り日本では見かけないんですよね。ここはアメリカ向けという意味もあるので仕方ないかなと私個人的には思っちゃいましたが…。

今のところは新型フォレスターはやや肩透かしを食らった感が否めません。

やはりヴィジヴ フューチャーコンセプトのSUVルックなイメージが最初にあって、実車は4代目とほぼ変わらない姿で発表された訳ですから、これはちょっと期待はずれと言われても仕方ないですよね。

ヴィジヴ フューチャーコンセプト

多くの人が求めていたのはこの形だった。だが蓋を開けてみるといつものスバル車だった…。

5代目フォレスター

前方のオーバーハングが長くなるのはボクサーエンジンを配置する構造上避けられないため、スバル車は全てこの形になると言われている。しかしSUVでこのフォルムはどうも収まりが悪い。一部ではこのエンジンはもう辞めるべきだという意見も…。

デザイン的にはコンセプトモデルを見る限り流石にスバルでも今風のSUVルックの車を作ることは可能だと思います。

ただエンジンの問題や視界の広さを優先させるなど諸々の問題でこういう形になってしまうんだと思われます決してデザイナーさんが悪いという話ではなさそうです。そもそも最近では1人のデザイナーが全てのデザインをしている訳ではないようですからね。

外観はキープコンセプトだが中身は進化

フォレスターが欲しいという方は自動車の中身を見ている方でしょう。

そういう意味では新型フォレスターは従来どおりの実力で更に進化したモデルであるということは間違いありません。

街乗りのSUVでは走破性は最強の部類で今回もXモードが装備されています。

更に他には、

■アイサイト・ツーリングアシスト

最新のアイサイトを装備、VER.3をベースに進化したモデル

■ドライバーモニタリングシステム

噂のカメラで車が運転者を監視するシステム。眠そうだと注意してくれる?

■2.5L 直噴エンジン

2.0Lからパワーアップ

■e-BOXER

e-BOXERとはマイルドハイブリッドのことで先代のXVにもあったシステムと同等のものです。エンジンについてはこちらは2.0Lとなります。税制面では優遇されます。

■内装の質感アップ

ほぼ新型XVと同等と言えますがオプションの本革シートはブラウンで雰囲気が良いですね。

今のところ、Advance専用のオプションと言われていますが…。

■居住性アップ、荷室も拡大

こちらはアメリカの人が喜びそうな話ですが室内が広くなり、荷室も拡大されています。後席も当然、居心地が良く家族がいらっしゃる方には良い車です。

買うべきか迷う場合は?

いろいろな意見があると思いますが新型フォレスターの売りはやはり従来通り、走破性と安全性の高さです。

この2つを重視されている方も多いかと思います。安全装備は他メーカーも追い付いてきたと言われているもののまだまだスバルが国内で1番の品質です。クルーズコントロールの正確さも随一ですね。

また走破性の高さも魅力であり悪路雪道ではその強さを発揮します。雪道は不安だな~という方にはフォレスターは良い車種でしょう。

まあ車は中身だよな、という方は特に迷う必要はないのではないでしょうか?

【注意】愛車を下取りに出すと大損!

sg47

あなたは、もしかして販売店に車を売っていませんか?

『下取りしますよ~』と言われてそのまま素直に渡していませんか。
もしそうだとすると大損しています…。

実は販売店の下取りよりも、ネットの車買取査定の方が高く買い取ってもらえることが多いです。

仮にその差が小さくても○万円単位で違う訳ですから大損です。新車を買うならまずはあなたの愛車の値段を調べましょう!

こちらではネットの車買取ランキングを紹介しています。
今、安心して使えるなというサービスです。
お気軽にご利用下さい(*^_^*)

第1位 ナビクル

車買取査定ならナビクルが良かったです。それはすぐに査定額が分かるからです。
こちらの特長は査定を申し込むと完了画面で売却額の概算が出ます。
すぐに下取り額と比較できて良いです。
omo
第2位 カーセンサーnet
car
こちらはカーセンサー。
あのリクルートが運営している車査定サービスです。
参加している車買取業者が多いことがこちらの強み。地方ではカーセンサーが強いです。
go3
第3位 ズバット車買取比較
zbat
第3位はズバット車買取比較。
高額査定が多いという評判が多いのがメリット!
あなたの愛車を高く売りたいなら多く査定するのが近道ですから使って損はありません。
こちらも査定額の概算が出ます!
go2
お勧め記事(一部広告含む)



フォレスター
SUVまとめをフォローする
SUV車まとめ

コメント