4代目フォレスターはどのグレードを買うべきか?

【こちらは2012年~2018年モデルの4代目フォレスター情報です】

4代目フォレスターのグレード選びを考えていきましょう。

スバルでは珍しくグレード構成が多岐に渡りますので整理して考えていった方が良いでしょう。

大きく分けてガソリン車とターボ車に分かれますのでそこから決めた方が良いかもしれません。ただ大方の場合は普通のガソリン車を選択しています。

スポンサーリンク

4代目フォレスターは現状では7種類のグレード有り

現状では7種類のグレードが有りますので順番に見ていきましょう。

2.0i EyeSight

AWD:¥2,419,200


2.0i EyeSightはフォレスターで最も安いグレードです。元々は2.0iという廉価版グレードだったのですが現行モデルではアイサイトを標準装備として内外装も改良されています。初期型の2.0iとは装備内容が結構違いますので質感は高まっています。

デメリットとしてはメーカーオプションが付けられないことです。設定が一切ないので全てNGとなります。それでもLEDヘッドライトアルミホイールシャークフィンアンテナアイサイト標準装備と不足はないのではないでしょうか。

2.0i-L(6MT/アイサイト無)

AWD:¥2,581,200


2.0i-Lはアイサイトが付いていません。このグレードの存在意義は?と言えばフォレスター唯一のマニュアル車です。マニュアル車が欲しい場合は自動的に6速MTのこの車種になります。また唯一、ビスカスLSD付センターデフ方式AWDとなります。

スバル車のSUVではXVやアウトバックにもMT設定が無くなっています。フォレスターでも2.0i-Lのみでこの他は全てCVTです。

2.0i-L EyeSight

AWD:¥2,689,200


2.0i-L EyeSightが売れ線のモデルです。2.0i EyeSightとの価格差は27万円です。

下級グレードとの違いは主な装備で言うとX-MODEパドルシフトSI-DRIVE、フロントフォグランプ、LEDリヤフォグランプ、ドアミラーがLEDサイドターンランプ&ターンインジケーター付、シートヒーター(運転席+助手席+後席左右)などが違います。

また主要なメーカーオプションを付けられることが違います。2.0i EyeSightはメーカーオプションが全てNGでルーフレールすら付けることができません。※2.0i-L(MT)はまた違います

[オプション設定OK]

※標準装備ではなく付けられるということです

■アドバンスドセイフティパッケージ

■大型サンルーフ(電動スライド式)

■ルーフレール

■運転席&助手席8ウェイパワーシート

■ハーマンカードンサウンドシステム&SDナビゲーション

■キーレスアクセス&プッシュスタート

■パワーリヤゲート

などです

いろいろ付けたいならこのグレードでしょう。

X BREAK

AWD:¥2,754,000


特別仕様車的な位置付けにありましたが現行ではカタログモデル(通常グレード)になっています。

基本的には2.0i-L EyeSightに特別装備をプラスしたグレードです。価格差は64,800円と小幅。

[プラスされた装備]

■撥水ファブリックシート

■内装にオレンジステッチ

■撥水カーゴフロアボード(荷室が撥水加工)

■シルバールーフレール

2.0i-L EyeSightにルーフレールが付いて、更に内装シートがオレンジステッチ+撥水加工となるのが特徴です。

X BREAK カラーアクセント

AWD:¥2,916,000


こちらはX BREAKの上位グレードとなります。X BREAKとの価格差は162,000円で更に高くなります。

その分、装備が充実していると言えます。

[プラスされた装備]

■17インチアルミホイール (ダークグレーメタリック塗装)

■フロントグリル(シルバーメッキ+ブラック塗装)

■外装にもオレンジアクセント

■ブラックルーフレール

■ブラックカラードドアミラー

アドバンスドセイフティパッケージ

キーレスアクセス&プッシュスタート

運転席&助手席8ウェイパワーシート

などが標準装備

フォレスターのメーカーオプションはセットになっていて【アドバンスドセイフティパッケージ+キーレスアクセス&プッシュスタート+運転席&助手席8ウェイパワーシート】が16万2千円になっています。ですからこれ以上に標準装備として付属品が付いているのでこのX BREAK カラーアクセントはお得な仕様だということが分かると思います。

外装にもオレンジアクセントが施されていて若干派手目なイメージです。

S-Limited

AWD:¥2,894,400


S-Limitedは2.0i-L EyeSightベースにした特別仕様車です。2.0i EyeSightとの価格差は205,200円です。

何が違うのか?と言えば主に内外装です。外観の違いが1番大きく中身的には小幅な装備差と言えると思います。

[2.0i EyeSightとの装備差]

■18インチアルミホイール(ブラック塗装+切削光輝)

■キーレスアクセス&プッシュスタート

■運転席&助手席8ウェイパワーシート

■フロントグリル(シルバーメッキ+ブラック塗装)

■アルミパッド付スポーツペダル

また本革シートがこのS-Limitedからオプションで付けられるようになります。ルーフレール、サンルーフ、パワーリヤゲート等はオプションです。

S-Limitedの売りとしては外観の雰囲気が違うということが最大の特徴となっています。4代目フォレスター自体やや古いモデルとなってしまっているので下のグレードだと若干古さを感じてしまう方もいらっしゃるかもしれません。そういった意味ではS-Limitedを選ぶ理由になると思います。

装備としてはキーレスアクセス&プッシュスタートや運転席&助手席8ウェイパワーシートが標準装備になるところが最大の違いです。

2.0XT EyeSight

AWD:¥3,128,760


こちらはXTといってターボ車です。価格が300万円を超えるモデルで最上級グレードになります。

スバルの2.0Lターボは強力でWRX以外の普通車ではフォレスターが唯一の設定になっています。燃料もターボ車だけプレミアムガソリン(ハイオク)仕様です。

[主な標準装備]

■アドバンスドセイフティパッケージ

■キーレスアクセス&プッシュスタート

■シートヒーター(運転席+助手席+後席左右)

■運転席&助手席8ウェイパワーシート

■アルミパッド付スポーツペダル

■アクティブ・トルク・ベクタリング

端的に言って装備差はありますがターボ車が必要だという方のみにオススメなモデルです。外観はS-Limitedと大体同じだと考えて良いでしょう。

【結論】フォレスターは何を買うべき!?

ここまで長々と全グレードを紹介してきましたがどのグレードを買ったら良いのか?迷うと思いますし、よく分からないかもしれません。

結論から申しますと2.0i-L EyeSight(¥2,689,200)が良いです。1番人気ですし、必要なオプションが付けられるグレードでは最安値です。当然ですがアイサイトは標準装備で実用車として申し分ありません。

全くオプションを付けないという方なら2.0i EyeSight(¥2,419,200)もありでしょう。装備は簡素になりますが見た目は現行型ではほとんど変わりません。ただしX-MODEやシートヒーターが付いていないのが注意点でしょう。

【注意】愛車を下取りに出すと大損!

sg47

あなたは、もしかして販売店に車を売っていませんか?

『下取りしますよ~』と言われてそのまま素直に渡していませんか。
もしそうだとすると大損しています…。

実は販売店の下取りよりも、ネットの車買取査定の方が高く買い取ってもらえることが多いです。

仮にその差が小さくても○万円単位で違う訳ですから大損です。新車を買うならまずはあなたの愛車の値段を調べましょう!

こちらではネットの車買取ランキングを紹介しています。
今、安心して使えるなというサービスです。
お気軽にご利用下さい(*^_^*)

第1位 かんたん車査定ガイド

車買取査定ならかんたん車査定が良かったです。それはすぐに査定額が分かるからです。
こちらの特長は査定を申し込むと完了画面で売却額の概算が出ます。
すぐに下取り額と比較できて良いです。
omo
go11
第2位 カーセンサーnet
car
こちらはカーセンサー。
あのリクルートが運営している車査定サービスです。
参加している車買取業者が多いことがこちらの強み。地方ではカーセンサーが強いです。
go3
第3位 ズバット車買取比較
zbat
第3位はズバット車買取比較。
高額査定が多いという評判が多いのがメリット!
あなたの愛車を高く売りたいなら多く査定するのが近道ですから使って損はありません。
こちらも査定額の概算が出ます!
go2
お勧め記事(一部広告含む)



フォレスター
SUVまとめをフォローする
SUV車まとめ

コメント