フォレスターが2017年3月一部改良、何が変わったのか?

スバルフォレスターが最後の一部改良(マイチェン?)をしました。

発売は4月3日と普通3月に発売じゃねえの?とか思ってしまいました(^_^;)

やっぱり3月に車検が切れる方が日本では圧倒的に多いと思われますので、3月13日発表、4月3日発売ともなればちょっと厳しいのかな、なんて思っちゃいます。

さて今回の改良では何が変わったのでしょうか?

スポンサーリンク

フォレスター改良の内容は?

まず2.0iという廉価版グレードがあるのですが、こちらにもEyeSight.ver3を標準装備したことです。

価格は2,419,200円~ということで安いとは言えませんが、ミドルクラスのSUVとしてはそこそこの価格で買えてしまうのが嬉しいところでしょう。今スバル車を買うならEyeSightは付いてないと買う気がしませんよね。

ただ謎な部分もあり、2.0iの上級グレードの2.0i-LにはEyeSightが付かないグレードもあるということです。もちろん、2.0i-L EyeSightというグレードもありますから上級グレードはEyeSightが付かないという話ではありません。

こちら公式サイトHPより確認できます

今後の方針としてはスバルは全車にEyeSightを付けるという方針でしょう。新型インプレッサや新型XVには全てのグレードでEyeSightが標準装備となっています。

また今回の改良が行われたフォレスターのEyeSightはアクティブレーンキープの作動車速域が65km/h60km/h以上に改良されています。同じEyeSight.ver3でも細かい改良がなされているのがSUBARUらしいです。

X-BREAKカラーアクセント仕様追加

そしてお馴染みの?X-BREAKにカラーアクセント仕様というグレードが追加されました。X-BREAKとはルーフレール付きで内外装が特別仕様となっています。

これって従来のX-BREAKと何が違うのかと言えばご覧のようにオレンジのアクセントが付きます。またカラーアクセント仕様はアルミホイールが通常のX-BREAKより高級なものを履いています。ルーフレールは通常のX-BREAKはシルバーに対してこちらはブラック塗装のルーフレールです。

またボディーカラーはオレンジが映えるようにか、白、黒、アイスシルバーメタリック、グレーメタリックの4色のみ。内装もオレンジアクセント、オレンジステッチが付きます。

何故SUBARUはオレンジにこだわるのか?

ここでふと疑問が。

何故SUBARUはオレンジに最近こだわっているのでしょうか?

正直な話、オレンジって余り好評ではないような気がしますね~。車って大人が乗るものですから、若者向け的なテイストを狙ったオレンジアクセントの意図は分かるんですがどうもそっちじゃないような気がしてなりません。もしかしたらアメリカの人はオレンジアクセントが好きなのかも。

新型XVもオレンジにこだわっているようですが個人的には余りオレンジはな~と思っちゃいました。。。

尚、フォレスターのフルモデルチェンジは2018年が濃厚のようです。

【注意】愛車を下取りに出すと大損!

sg47

あなたは、もしかして販売店に車を売っていませんか?

『下取りしますよ~』と言われてそのまま素直に渡していませんか。
もしそうだとすると大損しています…。

実は販売店の下取りよりも、ネットの車買取査定の方が高く買い取ってもらえることが多いです。

仮にその差が小さくても○万円単位で違う訳ですから大損です。新車を買うならまずはあなたの愛車の値段を調べましょう!

こちらではネットの車買取ランキングを紹介しています。
今、安心して使えるなというサービスです。
お気軽にご利用下さい(*^_^*)

第1位 ナビクル

車買取査定ならナビクルが良かったです。それはすぐに査定額が分かるからです。
こちらの特長は査定を申し込むと完了画面で売却額の概算が出ます。
すぐに下取り額と比較できて良いです。
omo
第2位 カーセンサーnet
car
こちらはカーセンサー。
あのリクルートが運営している車査定サービスです。
参加している車買取業者が多いことがこちらの強み。地方ではカーセンサーが強いです。
go3
第3位 ズバット車買取比較
zbat
第3位はズバット車買取比較。
高額査定が多いという評判が多いのがメリット!
あなたの愛車を高く売りたいなら多く査定するのが近道ですから使って損はありません。
こちらも査定額の概算が出ます!
go2
お勧め記事(一部広告含む)



フォレスター
SUVまとめをフォローする
SUV車まとめ

コメント